キャリアの棚卸し

【これが答えです!】自分が何をしたらいいか分からない

 

この記事で解決できるお悩み

  • 何かやりたいけれども、自分が何をしたらいいか分からない方
  • やりたいことの見つけ方を知りたい方
  • 何かアクションを起こしたくて、ムズムズしている方

 

こんな悩みを解決できる記事を書きました。

 

この記事を書いた人

1社目:メーカー / 営業経験(年収250万)
2社目:転職エージェント / コンサルタント(年収1,000万)
3社目:外資系スタートアップ / 人事(年収1,200万)

10年間の転職エージェント + 人事経験あり。全ての記事は、私の経験をもとに書いています。

私は転職エージェントで、10年間合計1万人以上を担当し、2,000名以上を転職成功に導いてきました。

 

「今のままじゃ嫌だけれども、何をやったら良いか分からない」「やりたいことが特にない」そんな方、意外と多いのではないかと思います。

 

私が20代のときそうだったので、気持ちわかるんです。私がやってきた具体的ステップを解説します。

 

同じ状況の方に少しでも参考になると嬉しいです。

 

『ゼロ秒思考』でやりたいことをみつける方法【効果を保証します】

続きを見る

 

① 余裕を作る - 3つの「やめること」を決める

 

何か新しいことをやるときに、「やること」を決めないとと思っている方が多いのですが、大きな間違いです。新しいことをやるときには、それをやるための「余裕」を作ることからはじめましょう。

 

・Youtubeをみることをやめる
・SNSをやめる
・アルバイトをやめる
・飲み会をやめる
・部活(サークル)をやめる
・人と遊びすぎる時間をやめる
・仕事をやめる

 

などです。時間がないと新しいことがやる・考える余裕さえありません。少なくとも3つはやめましょう。そうすることで、かなりの時間を作ることができます。

 

そうするとはじめて余裕が生まれ、次のステップに進むことができるでしょう。

 

 

 

② 本を30冊読む

 

「本を読むことって大変!」と思っているあなた。「本はたくさん読んだほうがいい」ということを両親・学校の先生・成功者が言ってるのを聞いたことがありませんか。

 

WEBサイトではなく、本を読みましょう。本を作者の魂が込められています。発売するのにかなりの時間をかけて考え抜かれて書いているのです。

 

信じましょう。

 

これは本当に人生がかわります。本の良いところは、知識がない自分を発見できるところです。読めば読むほど、多くの知らないことがでてきて知識を吸収しているのか、そうでないかわからなくなってしまいます。

 

これがよいのです。また誰かが薦めた本が自分にはあわないというときがあります。その人のその時の状況により、響くかどうかがかわるのです。そんなときには、その本を読むのをやめましょう。そして、次の本に移りましょう。

 

勿体無いなどという思考は捨てましょう。響かない本を読んでいる時間の方が勿体無いのです。状況が変化した時に響くようになるのです。

 

何の本を読んでいいか分からない!という方に私がおすすめの本を紹介します。以下の本は3倍のお金を払っても買う価値があると感じた内容です。

 

お金以上の価値が得られる本

   
   

 

 

 

③ 実際に3つ行動してみる

 

本を読んだ後は、実際「何か」に興味をもっているはずです。そしたら行動してみましょう。私の場合には、「ネットワーキングへの参加」と「英語」をはじめてみました。そうしたら、思いのほか忙しくなり、「自分が何をしたらいいかわからない」という状況が一切なくなりました。

 

そこから派生をして、MBAを目指すようになりました。

 

  • ネットワーキングへの参加
  • 英語
  • MBA
  • プログラミング
  • ブログ

 

忙しくなった後は、どうやってそのことに時間を捻出するかを考える思考に変化します。

あなたの人生変わりますよ!

 

自分と向き合う4つのステップ【人生が変わります】

続きを見る

 

 

© 2021 転職ブログ