情報収集

派遣の3年ルール解説!【抜け道あります】

 

この記事で解決できるお悩み

  • 派遣は3年以上、同じ会社で働けなくなったため心配している方
  • 派遣は3年以上、働きたい場合にはどうしたらよいの?

 

こんな悩みを解決できる記事を書きました。

 

この記事を書いた人

1社目:メーカー / 営業経験(年収250万)
2社目:転職エージェント / コンサルタント(年収1,000万)
3社目:外資系スタートアップ / 人事(年収1,200万)

10年間の転職エージェント + 人事経験あり。全ての記事は、私の経験をもとに書いています。

私は転職エージェントで、10年間合計1万人以上を担当し、2,000名以上を転職成功に導いてきました。

 

2015年9月に派遣労働法内のルールが改正されました。

 

「派遣3年ルール」で、有期雇用派遣として最大3年しか働けないというものです。

 

現在派遣で働いている方には大きな影響を及ぼします。詳細を解説していきます。

 

「派遣3年ルール」とは?

派遣3年ルールは、「同じ会社 + 同じ部署」で3年働けないという内容になります。逆に言うと「同じ会社 + 違う違う部署」に異動になった場合には、働き続けることができます。

 

派遣会社を変更したとしても、「同じ会社 + 同じ部署」の場合には3年以上、働き続けることができません。

 

このルールが設立した背景としては、派遣社員の雇用状況を改善することを目指しています。 そのため、3年という制限を設けることで派遣先からの直接雇用打診や、条件の良い新たな派遣先の提供などを目的としています。

 

 

「派遣3年ルール」のメリット&デメリット

 

メリット:3年後に直接雇用になれる可能性あり

前述したとおり、同じ会社 + 同じ部署で3年以上、働くことができないため、3年後、直接雇用で採用してもらえる可能性があります。企業は新しい人材を採用するよりも、実務を知っている人にそのまま継続して働いてもらいたいという意向が強い傾向にあります。

 

 

デメリット:慣れた仕事を継続することができない

3年経過をすると、「同じ会社 + 違う部署」もしくは、「違う会社」に派遣先が変更になる可能性があります。新たな仕事を再度覚えることは、なかなか大変なことです。

 

もし、直接を目指す場合には「紹介予定派遣」を検討しましょう。

*紹介予定派遣とは:派遣期間(最長6ヶ月)終了後、本人と派遣先企業双方合意のもとで、社員になることができる制度です。

 

 

 

「派遣3年ルール」の抜け道

 

「派遣3年ルール」の抜け道

① 部署の異動
② 無期雇用への転換
③ 直接雇用への転換

 

 

① 部署の異動

部署異動を行うことにより、同じ会社で働き続けることができます。仕事内容が多少変わっても会社が同じ場合には社風の理解があるため、働き続けやすいでしょう。

 

 

② 無期雇用への転換

有期雇用→無期雇用に転換することができます。無期雇用派遣には3年ルールは適用されません。また雇用期間が決まっていないため、複数年働き続けることができます。ただし、賃金が固定となり低賃金で働き続けなければいけない可能性があります。この場合、事前確認が必要です。

 

 

③ 直接雇用への転換

メリットにも記載をしていますが、派遣先との直接雇用(正社員・契約社員など)の方法です。本人と派遣先企業双方合意のもとで、成立します。

 

 

 

 

「派遣3年ルール」の例外ケース

 

派遣3年ルールには例外があります。

  • 60歳以上
  • 終わりが明確な有期プロジェクトへの派遣
  • 日数限定業務(1ヶ月の勤務日数が通常の労働者の半分以下かつ10日以下)
  • 産休・育休・介護休暇などを取得する人の代わりとして派遣

 

自分の希望の働き方によって、選択肢があることがお分かりいただけたかと思います。内容をしっかりと理解したうえで、選択肢を広げていきましょう。

 

 

© 2021 転職ブログ