情報収集

【Uberへの転職】社風はどの程度、改善しているのか?

誰もが耳にしたことがあるUber。日本でもライドサービスのみならず、Uber Eatsなどで馴染みがある方も多いでしょう。実際、Uberは働きやすい会社なのかを分析していきましょう。

 

この記事を書いた人

1社目:メーカー / 営業経験(年収250万)
2社目:転職エージェント / コンサルタント(年収1,000万)
3社目:外資系スタートアップ / 人事(年収1,200万)

10年間の転職エージェント + 人事経験あり。全ての記事は、私の経験をもとに書いています。

私は転職エージェントで、10年間合計1万人以上を担当し、2,000名以上を転職成功に導いてきました。

Uberとは

Uber Technologies Inc.は、その爆発的な成長と絶え間ない論争により、過去10年間に出現した最も魅力的な企業の一つとなっています。2009年に設立された世界的なライドシェアアプリケーションは、私たちが知っているような現代の交通手段を破壊し、一時は世界で最も価値の高い民間のスタートアップ企業に成長しました。

創業から10年を経て、Uberは2019年5月9日に株式を公開しました。道のりはでこぼこしていますが、Uberはライドシェアの分野で主要な企業であり続けています。直近の四半期決算発表である2021年度第2四半期のUberは、純利益が11億ドル、売上高が39億ドル、プラットフォームでのライド回数が15億回と報告しています。

 

Uberの歴史

Uberは、長年の経営陣が会社を去るなど、さまざまな問題を抱えていました。

まず、ニューヨークやサンフランシスコなどの大都市では、Uberを大きな脅威とみなす大手タクシー会社との長い戦いが繰り広げられました。

2010年、サンフランシスコのメトロトランジットオーソリティは、Uberが適切なライセンスを取得せずにタクシーサービス会社を運営していることを告発し、Uberに「中止と停止」の手紙を送りました。その後、2013年には、Uberがサンフランシスコの路上で営業を続けることができるようになりました。

また、Uberは、2013年に35,000人のドライバーが独立した契約者としての地位は不当であると主張して起こした集団訴訟にも巻き込まれました。ドライバーたちは、完全な雇用、そして正社員としてのより良い賃金と福利厚生を求めていました。

同社とドライバーは裁判で和解し、現在では米国のほとんどの州でUberのドライバーは契約社員とみなされていますが、同社は給与や仕事上の特典を高めるための措置を講じています。

2014年には、当時のCEOであったカラニックが、GQ誌のインタビューでライドシェア会社の女性人気について語った際に、自分の会社のことを「Boober」と呼んだことで、Uberはさらなる問題に直面しました。この問題は、Uberの元スタッフであるスーザン・ファウラーが、同社の有害で性差別的な職場文化についてブログに投稿したことで大きく取り上げられました。

ホルダー氏の報告書は、ファウラー氏の見解を裏付けるものであり、20名の従業員の辞職と、今後の職場でのスタッフの行動に関する新たなルールの制定に直結し、現在、Uberのreputationは戻ってきています。

 

Uberの文化

Uberで働く383人の従業員が、さまざまな文化的側面からUberをレビューし、役員の評価から仕事のペースまで、さまざまな項目について意見を述べています。全体的に見て、383名のUberの従業員は彼らのリーダーシップにA+の評価を与えており、Comparablyでは同規模の企業の中で上位5%に位置しています。これには、経営陣、CEO、マネージャーに対する具体的な評価も含まれています。

Uberの従業員は、給与、株式・持分、福利厚生などを組み合わせたUberでの総報酬に満足しています。

全体として、ウーバーの従業員は自分たちのチームに満足しています。383名の参加者は、同僚の質をAと評価しています。大多数の参加者は、ウーバーでのミーティングは効果的であると考えており、大多数の参加者は同僚との交流を楽しみにしています。

Uberの社員の大半は、Uberの環境はポジティブだと考えています。ほとんどの参加者は、Uberの仕事のペースは非常に速いと考えています。Uberの従業員の約47%は8時間以内の勤務で、6%は12時間以上という非常に長い1日を過ごしています。

全体的に見て、Uberの従業員は、将来の見通し、顧客からの評価、仕事への意欲などの評価を総合して、満足しています。

 

Uberの給与

Uberでは、基本給とボーナスを含む平均推定年収は113,874ドル(時給54ドル)、中央値は111,435ドル(時給53ドル)です。Uberの給与は、ベース給与+ ボーナス+ストックが支給されます。

Uberで最も高給取りなのはSenior Product Managerで年収260,000ドル、最も低給取りなのはTechnical Supportで年収31,000ドルとなっています。部署別のウーバーの平均給与額は以下の通りです。ファイナンス(101,477ドル)、エンジニアリング(157,580ドル)、IT(154,000ドル)、カスタマーサポート(59,667ドル)などです。Uberの給与の半分は111,435ドル以上です。

Uberの355人の従業員は、CompareでCompensationを同規模企業の上位15%にランクしており(932件の評価に基づく)、一方でUberの337人の従業員は、Perk And Benefitsを同規模企業の上位5%にランクしています(559件の評価に基づく)。

それでは、Uber Japanの給与(年収)をみてみましょう。Openworkからの情報ですが、人事:1700万、営業:1000 - 2000万と、Uber Japanの給与も高い水準であることがわかります。

 

Uberの福利厚生

Uberの福利厚生は非常に充実しています。Uberのサービスに使える毎月のお小遣い10万円ほど、昼食日手当、ジム代金・マッサージ費用などの月10万円の補助など、非常に魅力的な内容を揃えています。

  • long-term disability
  • HSA account
  • wellness program
  • fitness subsidies
  • on-site gym
  • FSA account
  • health reimbursement account
  • health insurance
  • dental insurance
  • vision insurance
  • life insurance
  • short-term disability
  • paternity leave
  • maternity leave
  • personal/sick days
  • paid holidays
  • unlimited vacation
  • paid vacation
  • sabbatical
  • 401(k)
  • relocation assistance
  • performance bonus
  • stock purchase program
  • company equity
  • access to online courses
  • promote from within
  • mentor program
  • some meals provided
  • flexible work hours
  • remote work opportunities
  • pet-friendly office
  • snacks
  • diversity and inclusion program

 

Uberに応募したい場合は

Uberへ応募したい場合には、下記のヘッドハンターがおすすめです。ヘッドハンター全てが全ての共通した求人を扱っているわけではありません。特に下記は、外資系企業に強いヘッドハンターのため登録して損はないでしょう。

ヘッドハンターは、現在ニーズが高い求人などの温度感も認識しているため、応募時にプラスに働きます。

 

© 2021 転職ブログ