情報収集

【Teslaへの転職】自動車業界、最大の時価総額会社での働き方

テスラは、オーナー兼CEOであるイーロン・マスクの突拍子もない夢のプロジェクトから、わずか数年の間に、世界で最も価値のある革新的な自動車会社に成長しました。テスラの人気が急上昇したことで、新しい工場やオフィス、さらには国への進出のチャンスがたくさん生まれました。テスラは現在、さらに成長を続ける巨大企業であり、さまざまな仕事があります。さて、あなたにとってテスラは働きたい会社ですか?

テスラは今、人気の絶頂にあり、今後も衰えることはありません。彼らの旅は、マスクと彼のパートナーが、初期のチームに参加するために最高で優秀な人材を募集することから始まり、その哲学は現在も、フロントオフィスから下に向かって続いています。グラスドアによると、回答者の67%がテスラで働くことを友人に勧めると答えており、なんと85%がマスクCEOを支持しています。これらの数字は、テスラが働きがいのある会社であることを示唆しています。

この記事では、テスラがなぜ働きやすい会社なのかを深く掘り下げ、テスラで働くことのメリットとデメリットをご紹介します。

 

この記事を書いた人

1社目:メーカー / 営業経験(年収250万)
2社目:転職エージェント / コンサルタント(年収1,000万)
3社目:外資系スタートアップ / 人事(年収1,200万)

10年間の転職エージェント + 人事経験あり。全ての記事は、私の経験をもとに書いています。

私は転職エージェントで、10年間合計1万人以上を担当し、2,000名以上を転職成功に導いてきました。

Teslaとは?

テスラは、自動操縦技術で知られる電気自動車を設計・製造している企業です。自動車産業として認識されている一方で、スーパーチャージャーやサービスステーション、あなたの家の庭のような場所で使用するエネルギー生成ストレージシステムや製品の開発・作成も行っています。

テスラの成功のほとんどは、CEOであるイーロン・マスクが担っています。2003年にマスクと彼のパートナーであるジェフリー・B・ストラウベル、マーティン・エバーハード、マーク・ターペニングによって設立されて以来、売上高は260億ドルを超えるまでに成長しました。

本社はカリフォルニア州パロアルトにありますが、多くの従業員を雇用している製造工場はカリフォルニア州フリーモントにあります。テキサス州オースティンなど、国内の他の地域にも施設を開設する計画が進んでいます。2018年末には、48,000人以上の従業員を抱えています。

 

Teslaの給与

企業が優れた職場であるかどうかを判断する際、給与は一つの要因になります。テスラにはさまざまな雇用形態があり、そのため、応募者の学歴、経験、応募する仕事によって、さまざまな給与レベルがあります。Zippiaによると、テスラの従業員の平均給与は75,760米ドル、時給にして36.42ドルです。

  • IT部門 - 97, 298ドル
  • サプライチェーン - 94,704ドル
  • エンジニアリング - 92,058ドル
  • アート/デザイン - 80,997ドル
  • プラント/製造業 - 60,740ドル
  • 施設 - 54,373ドル

テスラの給与は、エンジニアリング・マネージャーで13万5,000ドル以上、フォークリフト・ドライバーで約3万1,000ドルとなっています。テスラは、エンジニアリング、エレクトロニクス、バッテリーシステム、製造など、さまざまな分野の技術で最先端を走っている企業です。これらの仕事の多くは高度な技術を必要とするため、それに応じた報酬が支払われます。元社員の中には、働いた時間に対して給料が足りないという意見もありますが、用意されている福利厚生は他社よりも充実しています。

 

Teslaで働くための学位

テスラは巨大な企業であり、さまざまなスキルレベルや学歴を必要とするさまざまな仕事があります。しかし、イーロン・マスクは2022年2月2日に "博士号は絶対に必要ない、高校を卒業しているかどうかも気にしないでくれ "と有名なツイートをしています。

さらに、正規の教育を受けずに仕事をしたい場合、従業員は人工知能などの分野を「深く理解」する必要があり、「ハードコアなコーディングテストに合格しなければならない」と付け加えました。一流の仕事のほとんどは、中等教育と学位を必要とします。あなたがその分野の精通者でない限り、テスラの一流企業で働くために必要な経験と知識を得るには、大学が最適な場所となるでしょう。

一方、それ以下の仕事では、高卒の学歴に加えて、特定の工場機械を操作するための証明書やチケットがあればよい。例えば、年収13万5,000ドルのエンジニアリング・マネージャーは、この仕事に就くためには確実に高等教育が必要です。一方、フォークリフトの運転手や設備関係の仕事をしている人は、ほとんどの場合、学位を必要としません。機械の操作に関する十分な経験や知識があれば、雇用の資格を得るには十分です。

 

Teslaの長所と短所

テスラには、理想的な職場環境や充実した福利厚生など、さまざまなサイトで優れた評価が寄せられていますが、完璧ではありません。ここでは、テスラで働くことの長所と短所をご紹介します

長所

  • ペースの速い環境
  • 勉強になる
  • 優れた職場環境/働くことに対する「クール」な要素
  • 知的な同僚と高い基準
  • 優れた福利厚生と従業員割引
  • 楽しい職場で、ストレスの少ない毎日が送れる
  • 一貫性のある仕事
  • ストックオプション

短所

  • 労働時間が長い
  • 目標達成のためには週末の出勤も必要
  • ワークライフバランスの悪さ
  • 経験の浅い上層部の対応が悪い
  • 低賃金(カリフォルニア州フリーモントでの時給19ドル)では十分ではない。
  • CEOのMuskは非現実的な目標や期限を設定し、職場環境に大きなプレッシャーを与えることがあります。

浮き沈みがあるのは当然で、テスラで働くことは他の仕事と変わりません。長時間労働や週末の出勤もあるかもしれませんが、テスラで働くことの全体的なメリットは、ワークライフバランスの欠如というデメリットを上回るというのが総意です。ほとんどの従業員は、特に上級学位を必要とする仕事をしている場合、長時間労働に対して非常に高い報酬を得ています。また、健康保険や退職金制度、ストックオプションなども充実しており、ほとんどの社員が気に入っています。低賃金の仕事に就いている労働者は、それでも仕事の満足度やレビューはまずまずだが、長時間労働で、もっと稼ぎたいと思っている。いくつかの否定的なレビューがあるものの、GlassdoorやZippiaなどの職場評価サイトでは、ほとんどの回答者が「テスラは働きやすい職場だ」と答えています。4700人以上が参加したIndeedの包括的なレビューでは、5つ星のうち3.4の平均評価を得ています。テスラはGlassdoorでは総合評価3.8、給与比較サイトのZippiaでは5点満点中4.8を獲得しています。テスラの巨大な規模とさまざまな分野への進出により、さまざまなスキルレベルの従業員に十分な雇用機会があります。従業員に平均以上の給料を支払い、昇進の余地も十分にあり、福利厚生やストックオプションも用意されていて、全般的にポジティブな職場環境である。全体的に見て、テスラは、工場レベルの従業員以上であれば、働くのに最適な会社であると思われます。工場の従業員は、低賃金で長時間働き、怪我をしやすいようです。全体的なテーマとしては、福利厚生は充実しているが、給与や労働時間はそうではないということです。

 

Tesla Japan

テスラはアメリカの会社ですが日本法人もあり、Tesla Motors Japan合同会社という名称で2010年に設立されています。日本ではエンジニア職の求人は少なく、主にセールスと自動車整備の求人がほとんどです。

Teslaでイーロンマスクと一緒に働いていた上田北斗さんの記事には、Tesla の社風がよく反映されています。

 

Teslaに応募したい場合は

Teslaへ応募したい場合には、下記のヘッドハンターがおすすめです。ヘッドハンター全てが全ての共通した求人を扱っているわけではありません。特に下記は、外資系企業に強いヘッドハンターのため登録して損はないでしょう。

ヘッドハンターは、現在ニーズが高い求人などの温度感も認識しているため、応募時にプラスに働きます。

 

 

© 2021 転職ブログ