情報収集

簡単に年収を上げる方法【儲かる業界に転職しよう】

 

この記事で解決できるお悩み

  • 年収を上げたいと考えている方
  • もうかる業界を知りたい方

 

こんな悩みを解決できる記事を書きました。

 

この記事を書いた人

1社目:メーカー / 営業経験(年収250万)
2社目:転職エージェント / コンサルタント(年収1,000万)
3社目:外資系スタートアップ / 人事(年収1,200万)

10年間の転職エージェント + 人事経験あり。全ての記事は、私の経験をもとに書いています。

私は転職エージェントで、10年間合計1万人以上を担当し、2,000名以上を転職成功に導いてきました。

 

年収を上げるのが難しいな・・と考えている方、一番簡単な方法は職種を変えずに儲かる業界へ転職することです。

 

 

儲かる業界とは

儲かる業界とは、営業利益が高い業界です。モノを生産する会社は原価が高いため、無形商材を扱う業界よりも営業利益が低くなっています。

 

そのため下記のような業界は、「儲かる業界」といえるでしょう。

 

儲かる業界

  • インターネット(IT)
  • 広告
  • コンサルティング
  • 金融
  • 医療

 

ヘルスケアも「儲かる業界」にはいります。薬という商材を扱っていますが、薬を作るために開発費は膨大にかかりますが、完成すると薬そのものの単価は非常に安いです。そのため営業利益は高い業界といえるでしょう。

 

一方で旅行・ウエディングなども、無形商材と定義をされます。旅行インターネットサイトを提供しているエクスペディアなどは、インターネット業界の部類にはいります。しかし、HISなどの窓口人材を抱えている業界は、利益率は低いでしょう。

 

こういった一部例外はありますが、転職をするなら下記3つの業界をおすすめします。広告業界は儲かる業界ですが、業界将来性は明るくありません。電通・博報堂などはTV広告や、街角のデザイン広告を主にしていますが、これだけIT業界が占めている世界の中で、今後はインターネット広告にやられるでしょう。

 

転職すべき業界

  • インターネット
  • コンサルティング
  • 金融
  • 医療

 

 

給与が上がらない理由

今の会社で給与が上がらないのは当然です。日本の会社の場合には一律で、役職に応じて年収が決まっているからです。どれだけ頑張ったとしても、役職を上げるしかありません。ただし、まだ若いからなどという意味のない理由だけで、役職が上がらないケースも多いのです。

 

それでも頑張ってその会社に居続けたいと思いますか?自分のキャリアを客観視することはよいことです。

 

転職エージェントは、無料のため相談するのもいいかもしれませんね。

 

 

 

爆発的に年収を上げる方法

「年収をあげるためには、儲かる業界に転職をすること」をおすすめしました。ただもっと爆発的に年収を上げたい!という方は下記の方法です。

 

爆発的に年収を上げる方法

  • ストックオプション
  • 独立
  • 投資(不動産・株など)

 

ストックオプション
ストックオプションに関しては、過去にユニコーン企業についての記事で触れています。ご覧ください。

 

独立
もちろん簡単なことではありませんが、税制面では非常によいでしょう。副業で始め、軌道にのってきたら副業を本業に移行するのをおすすめします。いきなり独立することは、おすすめしません。

 

 

投資(不動産・株など)
両学長 リベラルアーツ大学のYoutubeをぜひご覧ください。これが無料でみることができるのは、ありえないほどです。日本人全員がみるべきYoutubeです。

 

私は、両学長 の動画を全てみました。3日くらいかかりましたが、そこから人生が変わりました。

>> 両学長 リベラルアーツ大学

 

 

© 2021 転職ブログ