情報収集

【Shopifyへの転職】世界最大級のコマースプラットフォームShopifyの労働環境

世界最大級のコマースプラットフォームと呼ばれる『Shopify』。日本での知名度は、これからというところですが世界では非常に有名な会社です。今回は、Shopifyで働く労働環境について取り上げてみます。

 

この記事を書いた人

1社目:メーカー / 営業経験(年収250万)
2社目:転職エージェント / コンサルタント(年収1,000万)
3社目:外資系スタートアップ / 人事(年収1,200万)

10年間の転職エージェント + 人事経験あり。全ての記事は、私の経験をもとに書いています。

私は転職エージェントで、10年間合計1万人以上を担当し、2,000名以上を転職成功に導いてきました。

Shopifyとは?

Shopifyは、誰でもオンラインストアを立ち上げ、商品を販売することができるサブスクリプションベースのソフトウェアです。また、Shopifyの店舗オーナーは、Shopify POS(当社のPOSアプリと付属のハードウェア)を使って実店舗で販売することもできます。オンラインストアと実店舗の両方を持つShopifyマーチャントの場合、在庫とストックが同期されるので、1つのアカウントでどのデバイスからでも店舗を管理することができます。

しかし、これはほんの一例に過ぎません。

Shopifyとは何ですか?」という質問に正しく答えるためには、まずShopifyが単一の製品ではないことを理解することが役立ちます。すなわち、Shopifyは単なるストアビルダーでもなければ、製品を販売するためのツールでもありません。Shopifyは、あなたの夢のビジネスを素早く立ち上げ、どこにいてもお客様に販売を開始できる方法を提供するコマースプラットフォームです。また、Shopify App StoreやAPIを利用することで、ストアをカスタマイズしたり、一から構築することも簡単にできます。また、最初から作りたくない場合は、Exchangeを通じてShopifyストアを購入することもできます。

今すぐシンプルなストアを立ち上げたい場合でも、自分でボンネットを開けてユニークなショッピング体験を作りたい場合でも、Shopifyは汎用性があり、お客様と共に成長するように作られています。

 

Shopifyの評判

 

Shopifyの評判をみてみましょう。Glassdoorでの評価は、4.3です。Google 4.5、Amazon 本社 3.7、Apple 4.3ということを考えると、非常によい評価ということがわかります。

実際のクチコミをみてみましょう。

Pros
● 本当に素晴らしい人々と文化
● 会社はよく組織化されており、慌ただしい意思決定プロセスや有害な管理職はない。
● 在宅勤務
● 無制限のPTOは単なるリップサービスではありません。今年は最終的に5週間ほど取得する予定ですが、それには祝日や夏の金曜日は含まれていません。
● ビジネスは絶好調。解雇される心配はありません。会社の成長に合わせて自分の役割も成長し続ける。

Cons
● アメリカではおそらく市場のトップレベルの給料を払っていないでしょう。FAANGで働けば、もっと高い給料をもらえるのは間違いありません。今、報酬を改定していると思いますが、特に高い期待はしていません。給与は確かに悪くはないが、改善の余地はあります。
● 一握りの人たちは、自分にはもう能力がないポジションに昇進してしまっています。私たちは急速に規模を拡大し、その過程で多くの優れた人材を採用してきました。その結果、本当に強いチームを、本当に弱いマネージャーが率いることがあります。これが、すべてではありませんが、私たちが目にしている離職率の一因となっているのは間違いありません。

 

Shopifyの給与

Shopifyの従業員の平均給与は76,599ドルですが、役割によって給与に大きな差があります。Shopifyの高給取りのポジションには、ヒューマンリソースビジネスパートナー、プロダクトディレクター、マーケティングマネージャー、デベロッパーなどがあります。ショピファイでの典型的なHRビジネスパートナーの給与は、174,876ドルです。Shopifyでの給与をよりよく知るためには、セールス・インターンシップやヒューマンリソース・コーディネーターなどの他の職務も考慮に入れることができます。比較のために、Shopifyでの肩書きであるセールス・インターンの年収は23,982ドルです。

 

 

Shopifyの面接

Recruiter Call(一次面接)
最初のステージは、ショプリファイのリクルーターとのクイックコールです。これらの電話は評価的な性質のものではなく、より動機付けとレベル設定のためのものです。採用担当者は、あなたの経験や、なぜShopifyで働きたいのかを尋ねます。この電話のためにあまり準備する必要はありません。レジュメを見直して、ショピファイについてもう少し調べておきましょう。

Life Story Interview(二次面接)
この1時間の会話形式のインタビューでは、あなたの経験や現在に至るまでの経緯について非公式に話していただきます。Shopifyでは、事前に自分の経験を振り返って準備することをお勧めします。面接の際に明確な例を挙げて話すことができるように、自分の個人的なストーリーバンクを作ることをお勧めします。具体的には、Shopifyが重視している以下のような特徴を持つストーリーをブレーンストーミングすることに集中してください。

インパクト:あなたは周りの人に大きなインパクトを与えていますか?
信頼:本物のコミュニケーションができるか?
エンゲージメント:自分の仕事や人生に投資しているか
自己認識:自分の強みと弱みを知っているか?
準備ができているか:応募している仕事に適しているか?

あなたの経歴から、どのようにして自然にShopifyで働きたいと思うようになったのでしょうか?ということについて考えておくとよいでしょう。

 

On-site Interview
このステージでは、3~5人のチームメンバーと、それぞれ1時間以内で面談を行います。次のセクションで説明するように、様々なタイプのインタビューを経験します。ショッピファイでは、会話形式の面接を重視しており、会社へのフィット感をより感じてもらうようにしています。Shopifyでの面接は、チームとのつながりを大切にしています。

 

 

Shopifyに応募したい場合は

Shopifyに応募したい場合には、下記のヘッドハンターがおすすめです。ヘッドハンター全てが全ての共通した求人を扱っているわけではありません。特に下記は、外資系企業に強いヘッドハンターのため登録して損はないでしょう。

ヘッドハンターは、現在ニーズが高い求人などの温度感も認識しているため、応募時にプラスに働きます。

 

 

© 2021 転職ブログ