情報収集

【完全ガイド】Facebookの従業員の福利厚生とベネフィット

 

海外企業で働く魅力をお伝えするシリーズです。海外企業の従業員に対する考え方や、ベネフィットを解説します。

 

Facebookは、GAFA(グーグル、アマゾン、フェイスブック、アップルの4社の頭文字)の一つであり、 世界最大の企業の一つです。

 

Facebookで働く上での満足度は、Glassdoorでも5点中4.7点を獲得しております。その背景をみてみましょう。

 

この記事を書いた人

1社目:メーカー / 営業経験(年収250万)
2社目:転職エージェント / コンサルタント(年収1,000万)
3社目:外資系スタートアップ / 人事(年収1,200万)

10年間の転職エージェント + 人事経験あり。全ての記事は、私の経験をもとに書いています。

私は転職エージェントで、10年間合計1万人以上を担当し、2,000名以上を転職成功に導いてきました。

 

Facebookの従業員福利厚生プログラム

Facebookは、カリフォルニア州メンローパークに本社を置く、アメリカのオンライン・ソーシャルメディアおよびソーシャル・ネットワーキング・サービス・プロバイダーです。ハーバード大学のマーク・ザッカーバーグとルームメイトのアンドリュー・マッコラム、エドゥアルド・サヴェラン、ダスティン・モスコヴィッツ、クリス・ヒューズによって設立されました。

 

また、Facebookは世界中でユーザー同士を繋ぎ続けるために、約35,587人の従業員を雇用し、スタッフを幸せにすることを目指しています。そのため最高のの福利厚生パッケージを提供しようと考えています。

 

Facebookの福利厚生は、業界で一番といわれています。具体的な内容をみてみましょう。

 

 

① 健康保険

Facebookの従業員、その家族のための最高のヘルスケアプランカバー。歯科保険と視力保険も含まれます。

 

 

② 生命保険

会社独自の生命保険の給付金で、従業員に万が一のことがあった場合、社員の家族をサポート。

 

 

 

③ 401K

Facebookは給与の7%までの拠出金に対して50%マッチしてくれます。これは、アメリカの制度ですが、課税前の年収が10万ドルだったとしたら、7000ドル($100,000X7%)を会社が「あなたにあげる」と言っていることを意味します。

 

 

④ ウェルネス・プログラム

Facebookは、従業員が健康で豊かな生活を送るためのリソースを提供しています。

 

 

⑤ ベイビーサポート

子どもが一人産まれるごとに、4,000ドルの補助。加えて、毎年最大3,000ドルのベビーシッター資金を提供。

 

 

 

⑥ 育児休暇制度

父親・母親ともに、16週間の育児休暇を取得可能。

 

 

 

⑦ 養子サポート

養子を受け入れる場合に、費用を補助。
*アメリカでは養子を受け入れることが、日本よりもスタンダードです。

 

 

⑧ 無料の食事提供

全従業員のためにオフィスでの無料の朝食、昼食、夕食を提供。

 

 

⑨ 引越しパッケージ

新たな従業員が引っ越しを伴う場合、それにかかる費用の補助。

 

 

⑩ リモートワーク

永久的なリモートワークの選択。

 

 

⑪ ジムサポート

すべての従業員のための無料のジムメンバーシップ提供。

 

 

⑫ 従業員イベント

従業員がストレスから回復するの複数のイベントを提供。また旅行、電子機器購入、会食、ホテル滞在、自動車、映画のチケットなどの従業員割引を提供。

 

 

>> Facebook福利厚生

 

いかがでしたでしょうか?従業員の幸福度を高めるためのサポートが非常に整っています。このような会社で働くことができる従業員は幸せですね。

 

 

© 2021 転職ブログ