情報収集

【転職】Netflixの企業文化は、全ての人に適しているわけではない

 

海外企業で働く魅力をお伝えするシリーズ。今回は、Neflixについて解説します。オンラインみる映画・ドラマが当たり前になったのは、Neflixがこの時代を切り拓きました。

 

今までは、映画やドラマはレンタル屋から借りてきてみるものという概念を大きく変えました。

 

実際、Netflixというのはどういう会社なのでしょうか?詳細を解説していきます。

 

 

この記事を書いた人

1社目:メーカー / 営業経験(年収250万)
2社目:転職エージェント / コンサルタント(年収1,000万)
3社目:外資系スタートアップ / 人事(年収1,200万)

10年間の転職エージェント + 人事経験あり。全ての記事は、私の経験をもとに書いています。

私は転職エージェントで、10年間合計1万人以上を担当し、2,000名以上を転職成功に導いてきました。

 

 

Netflixとはどんな会社か?

 

NO RULES(ノー・ルールズ) 世界一「自由」な会社」という本をご覧になったことはありますか?Netflixはどうやって190カ国で2億人を獲得できたのか? 共同創業者が初めて明かすNetflixビジネスとカルチャーについて描かれています。

 

● 本の著者
リード・ヘイスティングス(Reed Hastings)
Netflix共同創業者・会長兼CEO
1997年にNetflixを共同創業し、エンタテインメントを一変させた起業家。1999年以降は同社の会長兼CEO。1991年にピュア・ソフトウエアを起業し、1997年に売却。この資金を元にNetflixを創業した。2000年から2004年にかけてカリフォルニア州教育委員会委員。現在も教育関係の慈善活動を続け、DreamBox Learning、KIPP、Paharaの取締役も務める。
1983年ボウディン大学卒業後、1988年スタンフォード大学大学院にて人工知能を研究し修士号(コンピューターサイエンス)取得。大学卒業後から大学院入学まで、米政府運営のボランティア組織、平和部隊の一員としてスワジランドで教員を務めた。

 

Netflixの企業文化や社員の行動規範を定めたカルチャーガイドは、一般に公開されており、FacebookのCOOのシェリル・サンドバーグが「シリコンバレーから生まれた最高の文書」と評価しているのは、とても有名な話です。

 

Neflixは、「普通じゃない経営手法」ということを耳にします。現在、私はアメリカに住んでいますが、Neflixにはよい評判と悪い評判の両方があるように思えます。なぜなら多くの会社にはその会社独自のルール(就業規則)がありますが、Netflixにはありません。「脱ルール」カルチャーです。

 

優秀な人材だけを採用することを基本とし、「優秀な人材は、ルールが嫌いで自由を好む。」というのが一言で言うとNeflixの社風でしょう。

 

 

 

Netflixが大事にしていること

 

Netflixが大事にしていることは、下記です。

 

  • 従業員による独立した意思決定を奨励
  • 率直に、広範囲に、かつ慎重に情報を共有
  • お互いが並外れて公平である
  • 優秀な人材のみを雇用し続ける
  • 規則を避ける

 

実際、企業は大事にすることを従業員に共有することは簡単ですが、Netflixのすごいところはそれが実行されつづけているということです。

 

Netflixをわかりやすく噛み砕くと「自由と責任」です。責任を取るのであれば、なんでもやってよいということです。

 

*休暇規定も、経費の事前申請も、意思決定の承認もなし
*入社直後に独断即決で数百万ドルの契約にサインしてもよい
*相手がCEOであったとしても、要改善点を率直に指摘する
*「普通の成果」の社員には、十分な退職金を払って辞めてもらう

 

 

 

Netflixで働く上の長所・短所

 

実際にNetflixで働いている人のレビューをみてみましょう。

 

長所
・とてもクリエイティブな環境です。常に自分の限界を超えようと努力し、プロとしてクリエイティブに成長できるようにサポートしてくれます。
・Netflixで私が経験した専門的および個人的な成長の量は信じられないほどです。 挑戦することが好きで、常に卓越性を目指すならば、あなたはここで成功するでしょう。

 

 

短所
・誰もが非常に高い能力のため、成功よりも失敗によって定義されているように感じることがあります。
・非常に競争の激しい環境です。 あなた自身のマネージャーや同僚でさえ、何かがうまくいかなかったときにあなたの足を引っ張ります。そのため、同僚・上司を信頼することは非常に難しいです。
・メディアの巨人を支援するために舞台裏で働く多くの従業員は、激しい圧力、長時間、そして厳しい環境に直面しています。

 

>> Netflix Glassdoor

 

 

Netflixの給与水準

レビューから、Netflixは厳しい環境であることがわかります。ただし高い成長を求める人にはフィットする環境でしょう。労働時間も長いことが伺えます。しかし、給与水準は並大抵の高さではありません。

 

 

いかがでしたでしょうか?完璧な会社はありません。会社で働くことには、メリットとデメリットがあります。NetflixのGlassdoorデータは、特に報酬と利益、自律性、仕事の魅力的な性質に関して、満足している従業員が多いことを示しています。ただし、ワークライフバランスやシニアリーダーシップチームの一部には懸念事項があります。

 

© 2021 転職ブログ