情報収集

【Microsoftへの転職】Microsoft のベスト5・ワースト5発表

2014年初めにサティア・ナデラがマイクロソフトのCEOに就任して以来、同社の従業員はジェットコースターのような日々を送っています。彼は、2014年に1万8,000人、その後も何千人ものスタッフを削減するなど、何度もレイオフを統率してきました。

その一方で、彼はマイクロソフトの文化も変えてしまいました。闘争的なライバル関係、恐ろしい従業員のスタックレビューシステム、そしてWindowsへの執着はなくなった。

ナデラの下で、今月LinkedInを262億ドルで買収して世界に衝撃を与えたMicrosoftは、多くの話題を取り戻しています。そして、ほとんどの場合、従業員は新しいMicrosoftを気に入っています。ナデラ氏は、就職情報サイト「Glassdoor」で93%の支持率を得ています。

この記事を書いた人

1社目:メーカー / 営業経験(年収250万)
2社目:転職エージェント / コンサルタント(年収1,000万)
3社目:外資系スタートアップ / 人事(年収1,200万)

10年間の転職エージェント + 人事経験あり。全ての記事は、私の経験をもとに書いています。

私は転職エージェントで、10年間合計1万人以上を担当し、2,000名以上を転職成功に導いてきました。

Microsoftとは?

1970年代以降、マイクロソフトが台頭してきた時期は、パーソナルコンピュータやインターネットの台頭と重なっています。1980年代には、OS「MS-DOS」を開発してPC市場を席巻し、その後、「Microsoft Windows」を開発しました。

1986年に株式を公開して以来、株価の上昇により3人の億万長者を生み出し、マイクロソフトの社員の中には12,000人の億万長者がいると言われています。

90年代以降、マイクロソフト社は事業を大幅に多角化した。現在は、ソフトウェア、電子機器、パソコン、関連サービスの開発・販売・サポートを幅広く行っている。2001年には「Xbox」を開発し、ビデオゲーム市場に参入した。

現在、全世界で約156,000人の従業員が働いています。マイクロソフトは世界で最も価値のあるブランドのひとつであり、デスクトップOS市場では75%以上の市場シェアを持っている。

 

Microsoft Japanの評判

 

GlassdoorのMicrosoft Japanの評価は、4となっています。Google 4.5、Amazon 本社 3.7、Apple 4.3ということを考えると、非常によい評価ということがわかります(75名からの評価)。

 

Microsoft のベスト5

Glassdoorや、IndeedでのクチコミをまとめたMicrosoftで働く上 のベスト5です。

1 優れた人材と働ける
ナデラがマイクロソフトの指揮を執るようになってから、競争や栄光を手に入れることよりも、チームワークやコラボレーションを重視するようになりました。

「マイクロソフトは社員を大切にしています。文化も近年、超個人的な競争相手から、他の人を成功させることやチームワークにシフトし、職場でのストレスレベルが低くなりました」とある社員は言う。

 

2 CEO
すべての変化の中で、ナデラがマイクロソフトを正しい方向に導いていると考える社員もいる。ある社員は、「SatyaのおかげでMicrosoftはノリノリになった」と言います。また、「サティアの下での生活は、(前CEOのスティーブ・)バルマーの下での環境よりもずっといいという社員もいます。

 

3 影響力
「月並みな表現ですが、みんなが使う製品に携わることができます」と語る人が多いです。

 

4 できる仕事の多様性
マイクロソフトは膨大な種類の技術製品で収益を上げており、従業員はチームからチームへと移動することができますし、実際にそうしています。しかし、単純にコラボレーションして新しい製品を作ることもできます。「Microsoftは非常に多くの製品を提供しているので、A列から少し、B列から少し、新しいもの、異なるもの、刺激的なものを作ることが容易です」と、ある長年Microsoftに勤めている社員は言っています。

 

5 素晴らしい給与と福利厚生
マイクロソフトの社員は、福利厚生を5つ星のうち4.4と評価しています。Glassdoorによると、2015年の全職種の平均給与は137,000ドルでした。

 

Microsoft のワースト5

Glassdoorや、IndeedでのクチコミをまとめたMicrosoftで働く上 のワースト5です。

1 政治的な側面
マイクロソフトのような大企業では、ある程度の社内政治は避けられません。しかし、一部の社員は、マイクロソフトでは政治が本当に邪魔になることがあると言います。

「政治的な側面が原因で、かなりの数のフラストレーションが発生します。あなたのキャリアは、適切なマネージャーと連携し、熱意を持ってクールエイドを飲むことで、より優れたものになるでしょう」とある人は書いています。また、「競争が激しい。レベルが上がるにつれて、政治は非常にやりがいのあるものになる」と書いています。

2 大企業=官僚主義
マイクロソフトは、世界中のオフィスで11万人以上の従業員を雇用しています。これだけの人数を管理するには、多くの官僚主義が必要です。これは、Glassdoorに投稿された従業員からの最も頻繁な不満です。

「非常に複雑で、非常に大きな組織であるため、ナビゲートするのが困難なことがよくありますが、この規模の会社では当然のことです」とある社員は言います。

また、別の社員は「複雑なプロセスを伴う複雑なビジネス。異なるビジネスユニット間のコミュニケーションや統合が不足している。市場への対応が遅いが、最近は改善されつつある」。

 

3 キャリアの停滞
Microsoftのような規模と範囲の会社では、チャンスは無限にありますが、それと同時に競争も激しいものです。社員によると、あまり注目されていないプロジェクトに参加すると、そのまま流されてしまうことがあるという。ある社員は、「積極的な努力や良いチームに所属していないと、キャリアが停滞しやすい」と言う。

 

4 長時間労働
マイクロソフトは、常にハードワークを必要とする会社として知られています。それはナデラの下で改善され、多くの社員がワークライフバランスは素晴らしいと言っています。しかし、そうではないという社員もいます。

「ワークライフバランスはなく、今日中に変革と提供をしなければならないという大きなプレッシャーがあり、多くの相反する優先事項があり、社内は混沌としています」とある人は書いています。全体として、マイクロソフトの社員はグラスドアでワークライフバランスについて5つ星のうち3.3つの評価をしています。

5 たくさんの専門用語
マイクロソフトの社員は、よく自分の言葉で話します。どの会社にも多少の専門用語はありますが、マイクロソフトはそれを壮大なレベルにまで高めています。

例えば、ある人は新入社員にこんなアドバイスをしました。「社内にはたくさんの専門用語が飛び交っています。定義できない用語や略語を耳にしたら、すぐに説明を求めて、自分自身でも調べてみてください。」

 

Microsoft Japanの給与

 

Microsoft Japanの平均給与は、1290万円です。しかし職種と年齢によります。昇給に関しては、360度評価が導入されており、公平性が保つように人事設計されています。

 

Microsoft Japanに応募したい場合は

Microsoft Japan へ応募したい場合には、下記のヘッドハンターがおすすめです。ヘッドハンター全てが全ての共通した求人を扱っているわけではありません。特に下記は、外資系企業に強いヘッドハンターのため登録して損はないでしょう。

ヘッドハンターは、現在ニーズが高い求人などの温度感も認識しているため、応募時にプラスに働きます。

 

© 2021 転職ブログ