情報収集

【Oktaへの転職】将来性が期待される有望企業

Oktaは、企業向けのアイデンティティを提供する独立系のリーディングカンパニーです。Okta Identity Cloudは、企業が適切な人材を適切なタイミングで適切なテクノロジーに安全に接続することを可能にします。

Okta.の従業員の92%は、米国の一般的な企業の従業員の59%と比較して、働きがいがあると答えています。

 

この記事を書いた人

1社目:メーカー / 営業経験(年収250万)
2社目:転職エージェント / コンサルタント(年収1,000万)
3社目:外資系スタートアップ / 人事(年収1,200万)

10年間の転職エージェント + 人事経験あり。全ての記事は、私の経験をもとに書いています。

私は転職エージェントで、10年間合計1万人以上を担当し、2,000名以上を転職成功に導いてきました。

Oktaとは?

Oktaは、人とテクノロジーを安全に接続するための基盤です。クラウドの力を利用することで、Oktaは、強力なセキュリティポリシーを適用しながら、いつでも、どのデバイスからでもアプリケーションにアクセスできるようにします。Oktaは、組織の既存のディレクトリやアイデンティティシステム、4,000以上のアプリケーションと直接統合します。

Oktaは統合されたプラットフォーム上で動作するため、企業は大規模かつ低コストで迅速にサービスを導入することができます。

Oktaは、Adobe、Allergan、Chiquita、LinkedIn、Western Unionなど、何千ものお客様から信頼を得ており、組織の業務の迅速化、収益の向上、セキュリティの維持に貢献しています。

2021年から日本オフィスも開設し、日本市場へも拡大を狙っています。

 

Okta の評判

GlassdoorのOkta の評価は、4.1となっています。Google 4.5、Amazon 本社 3.7、Apple 4.3ということを考えると、非常によい評価ということがわかります。

実際のクチコミをみてみましょう。

Pros
● ダイナミックな職場、報酬、経営陣、エグゼクティブチーム
● 一緒に働いている人たちが大好きだ(しかし、多くの優秀な人材が辞めていっている)。製品は優れています。共同創業者のToddとFreddyは素晴らしい人たちです。
● 当社のCEO(そして幹部チーム全体)を愛しています。なぜですか?まず第一に、彼らは皆、純粋で本物の人間に見えるからです。第二に、彼らは非常に賢く、成長を重視しているように見えるからです。
● 給与と福利厚生はすべて平均以上です
● 完璧なサイズの会社です。スタートアップとオラクルの中間のような会社です。

Cons
● 一つも思い浮かばない
● 前年比40~60%の成長が見込まれる一方で、約30%の販売減があり、そのギャップを埋めるために、リーダーとして残っている人たちに大きな仕事が課せられています。これは公平でも持続可能でもありません。給与は平均的だが、期待される努力と成果は業界トップレベルである。株式報酬は期待以下。
● 私は個人的にはこれを欠点とは考えていませんが、変化が多いことを欠点と考える人もいます。しかし、この変化は慎重でコントロールされているように見えるので、より楽しい旅になると思います。

 

Okta の給与

Oktaの平均給与は、Recruiting Coordinatorの年収約69,691ドルからSenior Sales Engineerの年収約199,765ドルです。Okta社の平均時給は、カスタマーサクセスマネージャーの時給約15.97ドルから、社長補佐の時給約18.77ドルです。

 

 

Oktaに応募したい場合は

Oktaへ応募したい場合には、下記のヘッドハンターがおすすめです。ヘッドハンター全てが全ての共通した求人を扱っているわけではありません。特に下記は、外資系企業に強いヘッドハンターのため登録して損はないでしょう。

ヘッドハンターは、現在ニーズが高い求人などの温度感も認識しているため、応募時にプラスに働きます。

 

© 2021 転職ブログ