情報収集

転職エージェントのメリット・デメリットのまとめ【賢く使おう】

 

転職エージェントをこれから使おうと考えている方で、メリット・デメリットって何かを気になっている方が多いと思います。

 

転職エージェントを利用することのメリットとデメリットを把握し、転職エージェントをうまく利用する方法をご紹介します。

 

この記事を書いた人

1社目:メーカー / 営業経験(年収250万)
2社目:転職エージェント / コンサルタント(年収1,000万)
3社目:外資系スタートアップ / 人事(年収1,200万)

10年間の転職エージェント + 人事経験あり。全ての記事は、私の経験をもとに書いています。

私は転職エージェントで、10年間合計1万人以上を担当し、2,000名以上を転職成功に導いてきました。

 

まず、「転職エージェントとは何か?」を事前にしっかりと知っておきましょう。転職エージェントは、いわゆる「人材紹介業」と分類される業種になります。

 

キャリアコンサルタントやキャリアアドバイザーが、自分に合った求人を送ってくれます。おすすめの求人・非公開の求人、履歴書の添削、面接対策、入社までフォローをしてくれます。

 

関連記事
アメリカと日本の就職・転職活動の違い【体験談】

続きを見る

 

 

 転職エージェントをメリット5つ

 

① 非公開案件を紹介してくれる

 

非公開案件を紹介してくれることは、転職エージェントを利用する最大のメリットでしょう。

 

転職エージェントがもっている求人の80%は非公開だと言われています。これは事実です。私が転職エージェントで勤務をしていたときにも、受ける求人のほとんどは、転職サイトなどには掲載されていませんでした。

 

非公開理由は、リクルートによると「事業戦略に直結しているため」「企業が効率的に採用活動を進めるため」などとありますが、ほとんどの企業は、転職サイトを使うことが手間であるからです。転職サイトを使う場合には、人事は求人をポストする・スペックにあわない候補者の対応で追われるなど、かなりの手間となります。

そのため、転職エージェントを利用することで手間が省けます。

 

 

② 履歴書の添削をしてくれる

 

自分の履歴書がみやすいかどうかは、自分が一番わからないもの。

 

転職エージェントと、人事を経験している私でさえ、自分の履歴書を書くとなると、みやすいのかどうか、自分で評価することが難しいものです。そういった意味で、第三者が添削をしてくれることは大きい価値でしょう。

 

 

③ 面接対策をしてくれる

 

企業により好かれるタイプは異なります。人事と直接やりとりをしているエージェントは面接官の経歴・人物タイプなども把握しています。そういった観点からの面接対策は、結果に大きく左右するでしょう。

 

 

④推薦状とともに、人物のよさをアピールしてくれる

 

デメリットと紙一重のこともありますが、転職コンサルタントと相性が良い場合や、彼らが素晴らしい人だと評価した場合には、人事にアピールしてくれます。

 

私も現在、人事として書類選考を行う際、転職エージェントの人物スクリーニングは信じており、彼らが「お人柄が素晴らしい」とアピールしてきた場合には、経験が多少異なっても必ず会うようにしています。

 

転職コンサルタントと会うときには、そういう観点で彼らはみているということも意識しておきましょう。

 

 

⑤年収交渉してくれる

 

年収交渉は、自分ではしにくいもの。でもしたい場合には、代行して交渉をしてくれます。伝え方の相談にものってくれます。

 

 

 転職エージェントをデメリット4つ

 

①コンサルタントとの相性が悪い時には最悪

 

コンサルタントとの相性については、メリットにも書きましたが、逆に相性が合わない場合にはデメリットになります。

 

覚えておかなければいけないのは、個人が転職エージェントを使うのは無料で、お金は法人からはいってきます。お金をもらう法人に自信をもって薦められない求職者は、アピールをされないのみならず、場合によっては(よほど態度が悪いなど)要注意人物と判断され求人紹介も減るでしょう。

 

相性が悪いと思った時には、担当変更してもらえるように依頼をしましょう。

 

 

②とにかく応募するように、薦められる

 

転職市場を把握するために、どの企業の書類選考を通過できるかできないかを見極めることは、自分自身の市場価値を知る一つの指標となります。

ただやみくもにとにかく応募するように押してくる転職エージェントが存在することも確かです。

 

しっかり自分自身の転職スタンスを確立してから応募手続きをすすめましょう。

 

 

③ 適切な転職エージェントに登録しないと、紹介がもらえない

 

多くの転職エージェントが存在するなかで、自分の経験にフィットした転職エージェント選びは非常に重要です。

 

例えば現在年収300万の人が、年収1000-2000万の求人を扱うエクゼクティブエージェントに登録をしても案件は紹介されません。その点、しっかりと調べてから登録することをおすすめします。

 

 

④面接調整がスムーズでない

 

「面接調整」の代行をメリットとして謳っている転職エージェントは多いですが、個人的には面接調整は、転職エージェントを通すメリットを感じたことがありません。

 

なぜなら間に人を挟むことによって、時間がかかるからです。転職コンサルタントが常にメールをみれていればよいですが、そういうわけではありません。その間、求職者もしくは、人事へ届くメールはホールドされるわけです。

 

 

メリット・デメリットをご紹介しましたが、個人的には「無料で使える転職エージェント」の価値は大きいと思います。

上記のサービスが無料で受けられる価値は果てしなく大きいです。ただデメリットに注意をしながら、うまく転職エージェントを利用していきましょう。

© 2021 転職ブログ