面接

【転職活動】面接が早く終わる理由 【結論:お見送りの可能性が高い】

 

この記事で解決できるお悩み

  • 面接が早く終わる理由は?
  • 面接の長さと、合否は関連しているのか知りたい!
  • 面接官は、どう感じているのか?

 

こんな悩みを解決できる記事を書きました。

 

 

この記事を書いた人

1社目:メーカー / 営業経験(年収250万)
2社目:転職エージェント / コンサルタント(年収1,000万)
3社目:外資系スタートアップ / 人事(年収1,200万)

10年間の転職エージェント + 人事経験あり。全ての記事は、私の経験をもとに書いています。

私は転職エージェントで、10年間合計1万人以上を担当し、2,000名以上を転職成功に導いてきました。

 

この記事で解説する、「面接が早く終わる理由は?」について読めば、あなたの疑問が解決しますよ。

 

「面接の長さと、合否は関連の関連性」についても、解説をしていきます。

 

 

面接が早く終わる理由は?

 

所要時間といわれていた1時間よりも、ものすごく早く終わってしまった。お見送りなの?もしくは、ポジティブに捉えれば評価が高かったということ?あまりにも早すぎて、意図が読めなく不安。という経験があるかもしれません。

 

いくつかの理由をみてみましょう。

 

応募者に興味を持てなかった

 

あなたは相手をどのくらいの時間で判断できますか?「人の判断時間は3秒」といわれるように、人間は非常に短い時間で相手を判断をしているものです。

 

第一印象で全てを判断できるとは思いませんが、5分ほど話をして違うと思うと、すぐに面接を切り上げる面接官がいるのも事実です。

 

 

面接官の予定が詰まっていた (忙しかった)

 

面接調整をしている人事と、面接官として対応する現場の人で、所要時間の認識が異なる場合があります。

 

 

所要時間の認識が、異なった

 

面接調整をしている人事と、面接官として対応する現場の人で、所要時間の認識が異なる場合があります。

 

面接をしなくとも履歴書で合格にしていた

 

履歴書の経歴が、完全に求める人材とマッチしており、面接で経験をそれほど聞かなくとも、合格のケースもありえます。特に専門職人材に多いでしょう。

 

 

面接の長さと、合否は関連の関連性

 

それでは、「面接の長さと、合否は関連の関連性」があるのかという疑問ですが、経験上、可能性が高いと思います。

 

面接が早く終わる理由は、経験上、下記です。

 

 

面接が早く終わる理由

  • 応募者に興味を持てなかった —————————  70%
  • 面接官の予定が詰まっていた (忙しかった)——    15%
  • 所要時間の認識が、異なった —————————   10%
  • 面接をしなくとも履歴書で合格にしていた ———     5%

 

私の経験から、面接が短い場合は、「お見送りの可能性が高い」と言えます。

 

ただ今までの経験からであって、出ていない結果に対して、落ち込む必要はありません。

 

はっきりとした結果がでるまで、待てばよいだけです。そして、うまく伝えることができなかった場合には、それを次に活かすことが大事です。

 

面接は、双方のマッチングの問題です。あなたを評価してくれる企業は必ず出現します。

 

 

© 2021 転職ブログ