書類作成

【完全保存版】失敗しない履歴書の写真撮影の仕方

 

この記事で解決できるお悩み

  • 好印象に残る履歴書の写真撮影の仕方を知りたい方

 

こんな悩みを解決できる記事を書きました。

 

この記事を書いた人

1社目:メーカー / 営業経験(年収250万)
2社目:転職エージェント / コンサルタント(年収1,000万)
3社目:外資系スタートアップ / 人事(年収1,200万)

10年間の転職エージェント + 人事経験あり。全ての記事は、私の経験をもとに書いています。

私は転職エージェントで、10年間合計1万人以上を担当し、2,000名以上を転職成功に導いてきました。

 

履歴書の写真は必要なのでしょうか?私の経験からいうと、写真は貼った方が好印象になるケースが多いです。ただあまりにも不愛想な写真の場合には、逆効果です。

 

笑顔で親しみやすい表情の写真を撮影しましょう。

 

近年、履歴書は紙で提出するよりも、Webで提出するケースの方が多いため、写真データの準備と、貼り付け方について解説します。

 

【履歴書】写真データの撮影方法3選

 

まずは、写真データをどのように撮影するかから解説しましょう。

 

① 写真館での撮影

価格:2,000円 〜 3,000円

もっとも画質がよく、きれいに撮れるのが写真館でしょう。最寄りの写真館で撮影+「WEB申請用データ」がついたプランにしましょう。写真館によっては、写真データ付きの撮影プランがある写真館もありますので、確認しましょう。

カメラのキタムラでは、全国の店舗で証明写真を撮影できます。

 

カメラのキタムラ検索 >> 店舗検索

 

② スピード写真機

値段:1,500円 〜1,600円

 

写真館に行く時間がない!という方には、スピード写真機もおすすめです。

 

街中にある「Ki-Re-i」、富士フイルムの「SmaFace!」で撮影した写真をデータにて取得することができます。

 

 

  自分で撮影

値段:1,799円 

自撮りを否定する方もいらっしゃいますが、個人的には何度も納得のいく撮影をできるので、おすすめです。

 

ただし自撮りをする場合には、自撮り三脚スタンドを必ず購入しましょう。こちらは、リモコン付きで自分でシャッターを押すことができます。

 

比較的、新しい携帯電話(iphone8以上)を持っている場合には、画質も非常によいため自分で撮影するのもよいでしょう。

 

自撮り棒の購入 >> こちらから

 

 

履歴書への写真データの貼り付け

動画をご覧ください。

  1. 挿入→画像
  2. 書式→文字の折り返し→全面
  3. レイアウト→罫線の削除→削除

 

きれいな履歴書作りは、面接官に好印象を与えます。ぜひ参考にしてください。

 

© 2021 転職ブログ