※当ブログでは、一部にPR広告を利用しています

内定

リファレンスチェックを理解しよう!転職の際に知っておきたいポイント

転職活動において、リファレンスチェックは重要なステップの一つです。本ブログでは、リファレンスチェックの目的やプロセスを解説し、適切なリファレンスの選び方や、企業が聞く内容についてご紹介します。さらに、リファレンスチェックでのトラブル回避策もお伝えします。リファレンスチェックを上手く活用することで、転職活動をよりスムーズに進めることができます。この機会にぜひ、リファレンスチェックについて学んでおきましょう。成功のカギを握るポイントを知り、理想の転職先を手に入れるための知識を身につけてください。

この記事を書いた人

1社目:メーカー / 営業経験(年収250万)
2社目:転職エージェント / コンサルタント(年収1,000万)
3社目:外資系スタートアップ / 人事(年収1,200万)

10年間の転職エージェント + 人事経験あり。全ての記事は、私の経験をもとに書いています。

私は転職エージェントで、10年間合計1万人以上を担当し、2,000名以上を転職成功に導いてきました。

 

リファレンスチェックとは

リファレンスチェックとは、転職を希望する求職者が過去に働いた組織や職場での実績や人間性を評価してもらうためのプロセスです。採用企業は、リファレンスチェックを通じて、求職者の能力や適性を正確に把握し、職場環境への適応力や将来性を評価します。また、リファレンスチェックは、求職者にとっても自分がどのような評価を受けているかを知る機会となります。

一般的には、求職者が過去の上司や同僚、部下など、自身の仕事を評価できる人物を紹介し、採用企業がリファレンスに連絡を取ります。リファレンスからの情報は、職務経歴やスキルだけでなく、コミュニケーション能力、チームワーク、倫理観などの人間性に関する情報も含まれることがあります。

リファレンスチェックは、企業と求職者双方にとってメリットがあります。企業は、求職者の実際の働きぶりや人間性を確認できることで、適切な人材を採用することが可能になります。一方、求職者は、リファレンスチェックを通じて、自分の強みや改善点を把握し、今後のキャリアを考える上で有益な情報を得ることができます。

 

リファレンスチェックの目的

リファレンスチェックの目的は、主に以下の3点です。

  1. 求職者の職務経歴やスキルの確認: 採用企業は、リファレンスチェックを通じて、求職者が過去にどのような業務を行い、どの程度の成果を上げたのかを把握します。これにより、求職者のスキルや経験が採用企業の要求に適合しているかを確認できます。
  2. 求職者の人間性や適性の評価: リファレンスチェックでは、求職者のコミュニケーション能力やチームワーク、リーダーシップなどの人間性に関する情報も得ることができます。これにより、求職者が企業の文化やチーム環境に適合するかを判断することが可能です。
  3. 信頼性や誠実性の確認: 採用企業は、リファレンスチェックを通じて、求職者が過去の職場でどのような評判を持っていたか、また、自己評価や面接での主張が正確であるかを検証します。これにより、求職者の信頼性や誠実性を確認し、リスクを回避することができます。

リファレンスチェックは、採用企業と求職者双方にとって有益な情報を提供します。企業は、適切な人材を採用することができるだけでなく、求職者が実際に働く際のサポートや研修のニーズを把握することができます。また、求職者は、リファレンスチェックを通じて自分の強みや改善点を理解し、自己改善に役立てることができます。

 

リファレンスチェックのプロセス

リファレンスチェックのプロセスは、以下のステップで進行します。

  1. 企業からリファレンスチェックの依頼: 採用企業は、求職者にリファレンスチェックを行いたい旨を伝え、リファレンスとなる人物の連絡先を提供してもらいます。通常は過去の上司、同僚、部下など、求職者の実績や人間性を評価できる人物が対象となります。
  2. 求職者からリファレンスの紹介: 求職者は、リファレンスとなる人物に事前に連絡を取り、リファレンスチェックへの協力を依頼します。その際、リファレンスがどのような評価を提供するか、また、連絡先や連絡方法などを確認しておくことが重要です。
  3. 企業がリファレンスに連絡: 採用企業は、求職者から提供された連絡先に基づいて、リファレンスに電話やメールで連絡を取ります。企業は、求職者の職務経歴やスキル、人間性に関する質問を行い、リファレンスからの評価を収集します。
  4. リファレンスからの評価を基に採用判断: 企業は、リファレンスから得た情報をもとに、求職者の採用適性を判断します。リファレンスチェックの結果が良好であれば、企業は求職者に内定を出すことが一般的です。逆に、リファレンスチェックの結果が悪ければ、採用を見送ることもあります。

リファレンスチェックのプロセスを理解し、適切なリファレンスを選び、リファレンスとのコミュニケーションをスムーズに行うことが、転職活動を成功に導く上で重要です。このプロセスを把握し、リファレンスチェックに適切に対応することで、理想の転職先を見つけることができます。

 

適切なリファレンスの選び方

適切なリファレンスを選ぶ際には、以下のポイントを考慮しましょう。

  1. 評価が客観的で信頼性のある人物: 過去の上司や同僚、部下など、あなたの仕事や人間性を正確に評価できる人物を選びましょう。リファレンスが客観的で信頼性のある評価を提供できることが重要です。
  2. あなたの強みや成果を具体的に説明できる人物: 選ぶリファレンスは、あなたのスキルや職務経歴を具体的に説明し、成果や強みを明確に伝えられる人物が望ましいです。
  3. コミュニケーション能力が高い人物: リファレンスは、採用企業と円滑なコミュニケーションが取れることが重要です。リファレンスとして選ぶ人物は、連絡がスムーズであり、適切な言葉で意思疎通ができることが望ましいです。

これらのポイントを考慮し、適切なリファレンスを選ぶことで、あなたの転職活動を成功に導くことができます。

 

リファレンスに依頼する際のコミュニケーション

リファレンスに依頼する際のコミュニケーションは、以下のポイントに注意して行いましょう。

  1. 事前の連絡と依頼: リファレンスとなる人物に事前に連絡し、リファレンスチェックへの協力をお願いします。その際、あなたが転職を考えている理由や応募先企業の業種・職種を説明しましょう。
  2. 期待する評価の説明: リファレンスがどのような評価を提供してほしいか、具体的に伝えましょう。例えば、あなたの技術スキルやプロジェクトでの成功事例、リーダーシップなど、強みをアピールできる評価をお願いすることが望ましいです。
  3. 連絡方法とタイミングの確認: リファレンスがどのような連絡方法を好むか、また、連絡が取れる時間帯を確認しましょう。これにより、採用企業とリファレンスのコミュニケーションがスムーズに進むことが期待できます。

リファレンスに依頼する際のコミュニケーションを適切に行うことで、リファレンスチェックが円滑に進み、あなたの転職活動を成功に導くことができます。

 

事前にリファレンスに確認しておくべきこと

リファレンスに確認しておくべきことは以下のポイントになります。

  1. 評価内容: どのような評価を提供してもらうかを明確にし、あなたの強みや成果を的確に伝えられるようリファレンスに説明しましょう。
  2. 連絡方法: リファレンスがどのような連絡方法を好むか、電話かメールかなどを確認しておくことが重要です。これにより、採用企業とのコミュニケーションがスムーズに進むことが期待できます。
  3. 連絡可能な時間帯: リファレンスが連絡を受けることができる時間帯を確認しておきましょう。これにより、採用企業がリファレンスに無理なく連絡を取ることができます。
  4. リファレンスチェックの期間: 採用企業がいつ頃リファレンスチェックを行う予定かを確認し、リファレンスに伝えておくことが望ましいです。

これらの点をリファレンスに確認しておくことで、リファレンスチェックが円滑に進み、あなたの転職活動を成功に導くことができます。事前の準備とコミュニケーションが、転職の成功に繋がる重要なポイントとなります。

 

企業がリファレンスチェックで聞くこと

企業がリファレンスチェックで聞くことは、主に以下のポイントに集まります。

  1. 職務経歴と実績: あなたが過去にどのような職務を担当し、どのような成果を上げたかについての詳細を聞くことが一般的です。
  2. 技術スキルや専門知識: あなたが持っている技術スキルや専門知識に関する具体的な情報や、どの程度習得しているかを確認するために質問されることがあります。
  3. コミュニケーション能力: あなたがチームでどのようにコミュニケーションをとり、問題解決にどのように取り組んできたかを聞くことがあります。
  4. リーダーシップや協調性: あなたがリーダーシップを発揮し、チームで協力して業務を遂行する能力をどの程度持っているかを確認するために質問されることがあります。
  5. 人間性や倫理観: あなたの性格や価値観、対人関係における態度など、職場での人間性や倫理観に関する情報を収集するために質問されることがあります。

これらのポイントを把握しておくことで、リファレンスチェックに備えることができ、転職活動を有利に進めることができます。

 

リファレンスチェックでのトラブル回避策

リファレンスチェックでのトラブル回避策は以下のポイントを注意して行いましょう。

  1. 事前のリファレンス確認: リファレンスチェックを受ける前に、リファレンスになってくれる方に事前に連絡を取り、協力をお願いしておきましょう。これにより、リファレンスが採用企業からの連絡に対応できる状態になります。
  2. 適切なリファレンスの選定: 信頼できる人物をリファレンスとして選び、あなたの能力や成果を具体的に伝えられるようにしましょう。リファレンスがあなたの強みを適切にアピールできることが重要です。
  3. コミュニケーションの確認: リファレンスが採用企業と円滑にコミュニケーションが取れるよう、連絡方法や連絡可能な時間帯を事前に確認しておくことが望ましいです。
  4. 期待する評価の共有: リファレンスがどのような評価を提供してほしいかを具体的に伝え、リファレンスチェックにおいて自分の強みが十分に伝わるようにしましょう。

 

私の体験

転職活動中、私が受けたリファレンスチェックでは、過去の上司や同僚をリファレンスとして指定しました。彼らとは現在もコミュニケーションをとっていたので、本当によかったです。退職してからも良い関係を続けることの重要さを知りました。そして、事前に連絡を取り、リファレンスチェックに協力してもらうことに同意してもらいました。私はリファレンスに、自分の強みや成果に関する具体的なエピソードを伝え、採用企業にどのようにアピールしてほしいかを説明しました。

採用企業からリファレンスに連絡があり、私の実績やスキル、人間性について詳しく質問されました。リファレンスは私の業務上の成果やコミュニケーション能力、リーダーシップなどを具体的に伝えることができました。結果的に、リファレンスチェックが私の転職活動にプラスの影響を与え、無事に希望する企業への転職が実現しました。

この体験から、リファレンスチェックの重要性を改めて実感しました。リファレンス選びや事前の準備、コミュニケーションが転職成功に繋がる大切な要素であることを理解し、今後の転職活動に活かしていきたいと思います。この体験談が、他の転職を考えている方々の参考になれば幸いです。

 

© 2023 転職ブログ