書類作成

外資系企業の書類選考の裏側!応募者追跡システムを乗り越えて転職を成功させよう

外資系企業への転職を考えているあなたへ、書類選考の裏側を暴露します!多くの外資系企業が採用に使っている『応募者追跡システム(ATS)』。このシステムの仕組みを理解し、適切な対策を講じることで、書類選考を突破する確率がグッと高まります。本ブログでは、ATSの基本から対応策、さらには外資系企業で成功するためのスキルやマインドセットまで、総合的な情報を提供します。転職を成功させるための戦略を練り、あなたのキャリアアップを後押ししましょう。外資系企業の書類選考に悩む方は必見です!

この記事を書いた人

1社目:メーカー / 営業経験(年収250万)
2社目:転職エージェント / コンサルタント(年収1,000万)
3社目:外資系スタートアップ / 人事(年収1,200万)

10年間の転職エージェント + 人事経験あり。全ての記事は、私の経験をもとに書いています。

私は転職エージェントで、10年間合計1万人以上を担当し、2,000名以上を転職成功に導いてきました。

 

外資系企業の書類選考とは?

外資系企業の書類選考は、国内企業とは異なる特徴がいくつかあります。まず、多くの外資系企業では、書類選考に応募者追跡システム(ATS)を使用しています。これは、大量の応募者から最適な人材を効率的に選び出すためのシステムで、履歴書や職務経歴書に記載されたキーワードや経験値を自動的に解析します。

外資系企業の書類選考では、英語力が重要視されるケースが多いです。英語の履歴書(Resume)や職務経歴書(CV)の提出が求められることも珍しくありません。また、具体的な実績や成果を強調した記述が好まれます。アクション・リザルト・シチュエーション(A.R.S.)やスター法(S.T.A.R.)といった手法を用いて、具体的な状況やタスク、アクション、結果を伝えることが重要です。

さらに、外資系企業では、個人のスキルや専門性をアピールすることが求められます。特にグローバルな環境で働く上で必要とされるコミュニケーション能力や問題解決能力、リーダーシップなどのソフトスキルや、業界・職種特有の専門知識や技術スキルが重視されます。

 

応募者追跡システム(ATS)の仕組み

応募者追跡システム(ATS-Applicant Tracking System)は、採用プロセスを効率化するために開発されたソフトウェアです。これらのシステムは、大量の応募者データを収集・整理し、経験やスキルセットに基づいて候補者を選別することができます。特に外資系企業では、このATSが広く利用されており、書類選考を自動化することで、人事担当者の負担を軽減しています。

ATSは、応募者が提出した履歴書や職務経歴書からキーワードを抽出し、それらを企業が設定した採用基準と照らし合わせてスコアリングします。このスコアに基づいて候補者がランク付けされ、人事担当者に最適な候補者が提示されます。このため、応募者はATSに対応した書類を作成することが重要です。

 

ATSのメリットとデメリット

ATSのメリットとデメリットを理解することは、転職活動を円滑に進める上で重要です。ここでは、ATSの利点と欠点について解説します。

【メリット】

  1. 効率的な選考プロセス: ATSは大量の応募者データを迅速かつ正確に処理し、適切な候補者を選び出すことができます。これにより、企業の採用担当者は選考にかかる時間と労力を削減でき、採用プロセスが効率化されます。
  2. データ管理の向上: ATSは応募者の情報やコミュニケーション履歴を一元管理できるため、企業は候補者データを簡単に検索・フィルタリングできます。これにより、候補者とのやり取りがスムーズになり、採用までの時間が短縮されます。
  3. 公平な選考: ATSは設定された基準に基づいて候補者を選別するため、人間が行う選考よりも公平性が高まります。また、潜在的なバイアスを排除することで、多様な人材が採用される可能性が増えます。

【デメリット】

  1. 優秀な候補者の見逃し: ATSはキーワードやフォーマットに依存して選考を行うため、それに適合しない書類を提出した場合、優秀な候補者であっても選考から外れる可能性があります。これに対処するためには、応募者がATSに対応した書類を作成することが求められます。
  2. システムへの過度な依存: ATSが導入されると、企業がシステムに過度に依存する傾向があります。その結果、人間の直感や個性を重視した選考が後回しになり、候補者の総合的な評価が難しくなることがあります。

転職を考えている方は、ATSのメリットとデメリットを理解し、適切な対策を講じることで、書類選考をスムーズに進めることが重要です。例えば、ATSに対応したキーワードやフォーマットを使用した履歴書や職務経歴書を作成し、自分のスキルや経験を明確にアピールすることが求められます。

また、企業がATSを使用している場合でも、人間の採用担当者が最終的な判断を行うことを忘れずに、自分の個性や強みをアピールする機会を見逃さないようにしましょう。面接や書類選考の際には、自分の独自性や達成した実績をアピールすることで、ATSの制約を克服することができます。

さらに、応募する企業の文化や求めるスキルについてリサーチし、その情報を元に書類をブラッシュアップすることも効果的です。これにより、ATSを通過しやすくなるだけでなく、企業に対して適切なアピールができるようになります。

 

ATSに対応した履歴書・職務経歴書の作成方法

ATSに対応した履歴書・職務経歴書の作成方法を知ることは、書類選考を突破するために重要です。以下に、ATS対応の書類作成に役立つポイントをまとめました。

  1. キーワードを使用する: 応募する企業や業界に関連するスキルや資格を含め、求人広告や企業ウェブサイトに記載されているキーワードを履歴書・職務経歴書に盛り込みましょう。ATSはこれらのキーワードを抽出し、スコアリングするため、適切なキーワードを使用することが重要です。
  2. シンプルなフォーマットを選ぶ: ATSは複雑なデザインやフォーマットを正確に読み取れないことがあります。そのため、シンプルで分かりやすいフォーマットを使用し、フォントも一般的なもの(例:Arial, Times New Roman)にしましょう。
  3. 達成した成果を具体的に記載する: ATSは数字や具体的な成果に着目することがあります。職務経歴書では、達成した成果を具体的な数字やパーセンテージで表現し、自分の実績を強調しましょう。
  4. PDF形式で保存する: ATSによっては、Word形式のファイルを正確に読み取れないことがあります。PDF形式で保存し、レイアウトが崩れないようにすることで、読み取りエラーを防ぐことができます。
  5. 必要なセクションを含める: ATSは一般的なセクション(氏名、連絡先情報、職務経歴、教育、スキル等)を検索します。これらのセクションを明確にし、必要な情報を含めることで、ATSに適切に評価されやすくなります。

これらのポイントを押さえた履歴書・職務経歴書を作成することで、ATSを通過しやすくなり、転職活動を成功させることができます。

 

 

ATSは、騙せない

ATSを騙すことは非常に難しいと考えて良いでしょう。この点は、転職活動を進める上で理解しておくべき重要な事実です。以下に、ATSを騙す試みがうまくいかない理由や、キーワードを単純にコピーすることのリスクについて解説します。

  1. 高度なアルゴリズム: ATSは、応募者の履歴書や職務経歴書を解析するために高度なアルゴリズムを利用しています。これにより、キーワードを無差別に盛り込んだ書類や、不自然な文脈で使用されたキーワードを検出し、適切な評価が難しくなります。
  2. 文脈を重視: ATSは単にキーワードの存在だけでなく、文脈や関連性も評価します。企業の求人広告からキーワードを単純にコピーしても、それらが自分の経験やスキルと関連していなければ、ATSによる評価は低くなるでしょう。
  3. 人間の目も通過しなければならない: ATSを通過した後、最終的な選考は人間の採用担当者が行います。不自然なキーワードの使用や、キーワードの盛り込みすぎは、採用担当者によっても悪影響を与える可能性があります。
  4. 企業の求める人材像との不一致: キーワードを無差別に盛り込むことで、企業が求める人材像との不一致が生じることがあります。企業は、求めるスキルや経験が整合性のある応募者を採用したいと考えていますので、キーワードの過剰な使用は採用の機会を逸してしまうかもしれません。

これらの点から、ATSを騙す試みは効果が薄く、むしろ自分の適性や実績を正確に伝えることが、書類選考を突破するための最善の方法と言えます。適切なキーワードを使いつつ、自分の経験やスキルを具体的にアピールすることで、ATSを通過しやすくなります。

 

実際に私が外資系企業を応募したときの話

実際に私が外資系企業に応募したときの経験を共有します。私は、まず求人広告や企業ウェブサイトを徹底的に調査し、求められるスキルや資格を理解しました。これにより、ATSが評価しやすい形で履歴書や職務経歴書をカスタマイズすることができました。

私が応募した企業では、ATSを使用していたため、シンプルなデザインと一般的なフォントを用いて書類を作成しました。また、過去の業務で達成した成果や実績を具体的な数字やパーセンテージで記述することで、私の強みや貢献を明確にアピールしました。

応募書類を作成する際には、ATSの仕組みを理解し、適切なキーワードを用いつつ、自分の経験やスキルを具体的にアピールすることに重点を置きました。その結果、書類選考を突破することができ、面接の機会を得ることができました。

面接では、書類選考でアピールした経験やスキルを具体的な事例を交えて説明し、企業が求める人材像に合致することをアピールしました。最終的に、私はその外資系企業から内定をもらうことができ、転職活動を成功させることができました。

この経験を通して学んだことは、ATSを乗り越えるためには、求人広告や企業の求めるスキルを理解し、それに対応した書類を提出することが重要であるということです。また、面接でも同様に、企業が求める人材像を意識し、自分の強みや経験を具体的に伝えることが大切だと感じました。これらのポイントを押さえて転職活動を進めることで、外資系企業への転職を成功させることができるでしょう。

 

 

© 2023 転職ブログ