キャリアの棚卸し

【転職】外資系のメリット・デメリット【フィットする人材】

 

「映画でみるような、キラキラしたオフィスで外資系企業で働きたい」
「いろいろな人種の人と、働きたい」
「単純に、英語かっこいい」

 

など、外資系に憧れる人は少なくないでしょう。

 

現実は、映画やドラマのような憧れるようなものばかりではありません。
カルチャーの違い含めて、解説します。

 

この記事を書いた人

1社目:メーカー / 営業経験(年収250万)
2社目:転職エージェント / コンサルタント(年収1,000万)
3社目:外資系スタートアップ / 人事(年収1,200万)

10年間の転職エージェント + 人事経験あり。全ての記事は、私の経験をもとに書いています。

私は転職エージェントで、10年間合計1万人以上を担当し、2,000名以上を転職成功に導いてきました。

 

この記事で解説する、「【転職】外資系のメリット・デメリット」について読めば、あなたの疑問が解決しますよ。

 

 

 

【転職】外資系のメリット・デメリット

 

私は、日系企業で2社勤務をしたのち、現在は外資系企業で働いています。私は海外勤務で働いているため、多少異なりますが、自社の日本支社(要は外資系)もあります。

 

日本支社とは、頻繁にコミュニケーションをとることが多く、たまに出張で日本現地で勤務することがあります。

 

そこから、日系企業との大きな違いを感じますので、ご紹介します。

 

また転職エージェント時代には、外資系企業を主に担当していたため、当時の経験もあわせて比較します。

 

 

外資系で働くメリット

 

働き方

非常に自由です。日中に自分自身の予定(病院や、子どもの予定)など、柔軟に調整することが可能です。

 

オンとオフの切り替え

休日に仕事をするということは、まずないでしょう。また飲み会など、頻繁にあるということも少ない印象を受けます。

 

成果主義

「完全実力主義」を貫いている外資系企業は多いでしょう。加えて、入社後も年収交渉を行うことも珍しくありません。一方で、成果がでない場合、減給もありえます。

 

給与

給与水準は、日本企業と比較し、給与水準は高いでしょう。日本企業とよりも約1.5-2倍の水準です。

 

服装

服装は非常にカジュアルです。日本企業のように、スーツで必ず出社という企業は少ないでしょう。営業職などは、スーツがふさわしいこともありますが、その他の職種に関しては、非常にカジュアルでしょう。

 

 

外資系で働くデメリット

 

リストラ

日本企業のように一つの部署に多くの人員をかかえるという組織構造ではなく、各部署のヘッドカウント(採用可能数)が決まっています。多くは、本社から「この支社のこの部署は、何名のヘッドカウント」という指示がきます。業績により、ヘッドカウントは大きく変化します。業績が悪化した場合、ヘッドカウントにより急にリストラが行われるということがあります。

 

実力主義

メリットでも触れましたが、実力・成果で全て判断されるため、給与が高い分、パフォーマンスがでない場合には降格・減給ということも、ありえます。

 

日本撤退

日本での事業がうまくいかなかった場合、撤退もあり従業員全員がリストラとなります。外資系企業の撤退は、すぐに判断されるため、急に知らされ、翌日には出社停止ということはよくありえることです。

 

 

外資系にフィットする人材

 

ビジネスとパーソナルをしっかり分けられる人

同僚と食事にいく、飲みに行くなどほとんどない環境のため、「一緒に働く人とは仲良くしたい」という方は向かないでしょう。ビジネスの場と、自分自身の時間をしっかりわけられるという方は外資系にフィットするでしょう。

 

 

キャリアを自分自身で開拓できる人材

外資系企業は、突然のリストラ・事業撤退など予期せぬことも起こること。そんな状況でも、自分でキャリアを作っていくという強い意思の方は活躍できるでしょう。また積極的に意見を発信したり、行動したりすることにより、新たなプロジェクトの機会も多く得られます。ダイバーシティも進んでいることから、男性は〇〇、女性は〇〇、若い人は〇〇など、偏見がない方は、キャリアを伸ばしやすい環境です。

 

 

英語

 

チームが日本人のみであれば、英語力は求められないこともあります。ただ上の役職となると、本社との交渉などありえるため、高い英語力が求めら得るでしょう。

 

部署により英語力が求められるレベルは異なりますが、一般的にどの職種でも英語力を持っていることにこしたことはありません。昇格にも関わることがありえます。

 

 

外資系に強いエージェント

 

特に外資系に強いと言われているエージェントをご紹介します。外資系企業で働きたい人は、登録をし、情報収集することをおすすめします。

 

ビズリーチ
ハイキャリア向けの転職サイトになります。登録すると、複数の転職コンサルタントからスカウトを受けることができます。中国、韓国、香港、シンガポール、オーストラリア、北米、ヨーロッパなど海外転職の情報も多数掲載されています。

エンワールド
ミドル~ハイクラスのポジションの転職支援を専門としています。外国人の転職コンサルタントも多い印象です。

ジェイエイシーリクルートメント
ハイキャリア向けの転職サイトになります。東南アジアに多くの支店を持ち、各支店が連携しながら求人紹介してくれるでしょう。

PASONA N A
アメリカの求人情報に特化した転職コンサルタント。現地拠点で集めた転職情報を提供してくれています。

リクルート
大手人材転職エージェント。求人をもっとも多くかかえています。

 

 

© 2021 転職ブログ