キャリアの棚卸し

海外で転職するたった2つの方法【楽しいことばかりではありません】

 

憧れの海外勤務。グローバル化。どうしても海外で働きたい。
グローバルな環境でスキルを身につけたい。
ただ単にかっこいい。

 

さまざまな理由で、海外転職を希望する方も増えているのではないでしょうか。
そんな私も、日本で生まれ育ち、日本で社会人経験を積んだ後に、海外に転職した一人です。

 

周囲からは、すごい・かっこいい・頑張っているね、など言われますが、そんな簡単な一言ではすまされないほど、想像以上に苦労もあります。

 

ただそれ以上に、新たな発見に驚きながら、楽しく過ごしています。

そんな私の経験をもとに、解説します。

 

この記事を書いた人

1社目:メーカー / 営業経験(年収250万)
2社目:転職エージェント / コンサルタント(年収1,000万)
3社目:外資系スタートアップ / 人事(年収1,200万)

10年間の転職エージェント + 人事経験あり。全ての記事は、私の経験をもとに書いています。

私は転職エージェントで、10年間合計1万人以上を担当し、2,000名以上を転職成功に導いてきました。

 

 

海外で転職するたった2つの方法

 

海外で転職するには、「現地採用」「日本企業の駐在」の2つの方法があります。それぞれプロセスが異なりますが、どちらとも簡単ではありません。ただ可能性はゼロではありません。

 

私のように、日本生まれ日本育ち、就職も日本だった私が、今はこうして海外企業で働いているのです。
どうしても海外勤務したい方は、諦めず行動すると、必ず叶います。

 

 

1, 現地採用

 

現地の求人に応募をすることです。ただ採用されるには、いくつかのハードルを乗り越えなければいけません。もっとも大きな壁として、「VISA」の問題です。

 

特にVISAが厳しくなっている国(アメリカ・イギリス・オーストラリアなど)は、より難しさが増すでしょう。経験上、VISAがない中で、いきなり日本から海外の求人へ応募することは正直、ハードルが高い状況です。

 

参考までにVISAの状況は、こういったサイトでご覧ください。

 

周囲をみていて一番多いケースは、その国の大学・大学院などに入学し、卒業後に就業VISAを得た上で、職探しをするということです。卒業後のVISA取得についても国によって異なりますので、上記のサイトをご確認ください。

>>>  【実現可能】海外で転職する方法 【体験談あり】

 

この方法も簡単ではありませんが、一番可能性がある方法です。また卒業学部も就職に大きな差を及ぼします。

>>>  【アメリカ就職したい人必読】アメリカで就職に有利な専攻科目

 

 

 

2, 日本企業の駐在

 

日本の企業へ就職し、駐在員として海外勤務するパターンです。ただこの場合には、入社時に海外勤務が確約されているケースは少ないでしょう。多くの企業の場合、評価が高い人材を海外に出向させる傾向があります。

 

このパターンも簡単ではありません。ただ日本企業の現地法人に直接応募するという方法もあります。日本企業の海外法人は、「駐在員(出向者)」と「現地採用」で分けられています。海外拠点があるとはいえ、多くの求人は日本語を話せる人を求めています。そのため、日本企業の海外法人に直接、応募するというのも手でしょう。

 

この場合は、現地採用同様、VISAの問題が発生してきます。

いずれにしても、簡単ではない道だと思いますが、可能性を諦めずに突き進んだ人のみが掴むことができる、海外勤務でしょう。

 

 

 

英語力

 

英語力に関しては、日系企業の海外法人と、それ以外の現地法人に転職する場合では、多少異なります。

 

ただ両者に共通しているのは、TOEICは少なくとも800点以上あった方がよいということでしょう。あまり英語が得意でない同僚もいますが、与えられる仕事が限定され、折角海外にきたにも関わらず、英語が原因でよいキャリアがつめていない同僚をみます。

 

現地法人の場合には、特にネイティブほどでなくとも、ビジネスレベルは必ず求められます。

 

英語力は、とにかく勉強して、努力するほか方法はないでしょう。

 

>>> 日本と全く異なるアメリカでの転職!

 

 

海外転職の情報収集

 

海外での転職は、VISA事情・語学力・求人状況など、日本で転職をするよりも、複雑です。特にVISA状況は、国の情勢にも深く関わるため、状況が常に変わります。そのため様々な情報を調べる必要があるでしょう。

 

自分自身でも情報収集をしつつ、転職エージェントに海外転職についてアドバイスを受けることが一番近道となります。

 

リクルート
大手人材転職エージェント。求人をもっとも多くかかえています。

ビズリーチ
ハイキャリア向けの転職サイトになります。登録すると、複数の転職コンサルタントからスカウトを受けることができます。中国、韓国、香港、シンガポール、オーストラリア、北米、ヨーロッパなど海外転職の情報も多数掲載されています。

エンワールド
ミドル~ハイクラスのポジションの転職支援を専門としています。外国人の転職コンサルタントも多い印象です。

ジェイエイシーリクルートメント
ハイキャリア向けの転職サイトになります。東南アジアに多くの支店を持ち、各支店が連携しながら求人紹介してくれるでしょう。

PASONA N A
アメリカの求人情報に特化した転職コンサルタント。現地拠点で集めた転職情報を提供してくれています。

 

あなたの挑戦がうまくいくように、祈っています。

 

 

 

© 2021 転職ブログ