情報収集

本当に使ってよかったおすすめ転職サイト7選【転職成功の鍵】

 

「たくさんの転職サイトがあるけれども、どれに登録してよいかわからない」
「自分にあった転職サイトは、何?」
「良い求人を扱っている転職サイトは、何?」
「仕事に不満があり、とにかく早くよい転職サイトに登録して、転職活動をはじめたい」

 

そのように感じている方へ本当に使ってよかったおすすめ転職サイトを詳しく解説していきます。

 

自分にあった転職サイトを利用することは、転職成功への鍵となります。

 

この記事を書いた人

1社目:メーカー / 営業経験(年収250万)
2社目:転職エージェント / コンサルタント(年収1,000万)
3社目:外資系スタートアップ / 人事(年収1,200万)

10年間の転職エージェント + 人事経験あり。全ての記事は、私の経験をもとに書いています。

私は転職エージェントで、10年間合計1万人以上を担当し、2,000名以上を転職成功に導いてきました。

 

私は転職エージェントで、10年間合計1万人以上を担当し、2,000名以上を転職成功に導いてきました。

 

この記事で解説する、「本当に使ってよかったおすすめ転職サイト」について読めば、あなたの疑問が解決しますよ。

まずは順をおって、「転職サイトとは」についてから、解説をしていきます。

 

 

転職サイトとは

 

 

転職サイトは、応募手続き・求人のチェック・面接調整と一連の転職活動の流れを自分自身でおこないます。ほとんどの転職サイトは、無料で利用することができます。

 

下記のような媒体が、転職サイトと呼ばれるものです。

    • ハローワーク
    • リクナビNEXT・Indeedなどのインターネット上の求人サイト
    • 新聞広告
    • 地元の求人媒体

東京などの首都圏の場合には、リクナビNEXT・Indeedなどのインターネット上の求人サイトが圧倒的におすすめです。

 

地方で転職活動を行う際には、ハローワーク・新聞広告・地元の求人媒体を利用するとよいでしょう。

 

転職支援サービスには、「転職サイト」と「転職エージェント」の2つが存在します。転職エージェントについては、過去の記事をご覧ください。

 

 

 

転職サイトのメリットとデメリット

 

転職サイトのメリットとデメリットをみてみましょう。

 

メリット

  • 圧倒的な求人数の量になります。
  • 自分自身のペースで転職活動を行うことができる。

デメリット

  • 非公開求人をみることができない。
  • 履歴書・面接などのアドバイスをもらうことができない。
  • ブラック企業などを見分けることが困難。

 

メリットとデメリットをしっかり理解し、上手に利用しましょう。

 

 

本当に使ってよかったおすすめ転職サイト

 

いろいろな転職サイトが存在しますが、最終的に本当に登録すべき転職サイトは下記のみで十分です。

 

 

最もおすすめな総合転職サイト

 

Indeed(インディード)

 

おすすめ度 ⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

公式サイト:https://jp.indeed.com/

取り扱い求人年収レンジ:200万〜800万

 

2012年にリクルートが買収したIndeed。

非常にシンプルなインターフェイスで、使いやすい転職サイトです。

正社員、契約社員、派遣社員、アルバイト・パート、インターンと掲載求人の雇用形態も非常に幅広いのが特徴です。都心のみでなく、地方の求人も掲載されています。かならず登録すべき転職サイトでしょう。

 

登録はこちら

 

 

リクナビNEXT

おすすめ度 ⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

公式サイト:https://next.rikunabi.com/

取り扱い求人年収レンジ:200万〜1200万

 

Indeedと同様。同じリクルートグループが運営しているリクナビNEXT。

求人数は、求人数は約9,000件と非常に多いのが特徴です。希望すると、リクルートのサービス(転職エージェント)を利用することができます。

 

登録はこちら

 

 

 

doda(デューダ)

 

おすすめ度 ⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

公式サイト:https://doda.jp/

取り扱い求人年収レンジ:300万〜1000万

 

20代の利用者が多いdoda。求人の取り扱い職種は、「販売・サービス職」「営業職」 「事務・アシスタント」「企画・管理」「技術職」と幅広く扱っています。Indeed・リクナビNEXTと同時に登録しておきたい転職サイトです。

利用者データ

24歳以下:22.4%
25~29歳:28.7%
30~34歳:17.0%
35~39歳:11.0%
40歳以上:20.8%

 

登録はこちら

 

 

 

 

ハイキャリア向け転職サイト

 

ビズリーチ

 

おすすめ度 ⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

公式ページ:https://www.bizreach.jp/

取り扱い求人年収レンジ:500万~1,500

 

ビズリーチはハイクラス向け転職サイトとなります。そのため、基本的には年収500万以上の方が対象といえるでしょう。

多くの転職エージェントのコンサルタントやヘッドハンターが求人側として登録をしており、非常に多くのスカウトが届きます。そういった意味で、転職サイトではありますが、転職エージェントと似たサービスを提供していることが特徴です。

 

登録はこちら

 

 

CAREER CARVER(キャリアカーバー)

 

おすすめ度 ⭐️⭐️⭐️⭐️

公式ページ:https://careercarver.jp/

取り扱い求人年収レンジ:500万~1,500

 

ビズリーチ同様、CAREER CARVER(キャリアカーバー)もはハイクラス向け転職サイトとなります。基本的には年収500万以上の方が対象といえるでしょう。

登録後は、リクルートの熟年コンサルタントが求職者に沿った求人を紹介してくれる仕組みとなっています。

ビズリーチは、大小さまざまな転職エージェントがスカウトを送れることに対し、CAREER CARVER(キャリアカーバー)はリクルートのコンサルタントのみがスカウトを送ることができます。

 

登録はこちら

 

 

女性向け転職サイト

 

とらばーゆ

おすすめ度 ⭐️⭐️⭐️

公式サイト:https://www.jinzai-info.net/regular/torabayu/

取り扱い求人年収レンジ:200万~500

 

リクルートが運営する「女性の就職・転職をサポートするサイト」です。扱い求人の雇用形態は、正社員 47%・アルバイト・パート 21%・契約社員”が13%・派遣社員 10%となります。

また20代から40代まで幅広い層が利用しています。

 

登録はこちら

 

 

 

ベンチャー向け転職サイト

 

Wantedly(ウォンテッドリー)

おすすめ度 ⭐️⭐️⭐️⭐️

公式サイト:https://jp.wantedly.com/

取り扱い求人年収レンジ:300万~1,000

 

Wantedlyは、スタートアップや、創業間もないもないベンチャー企業をみるけることができます。また企業の採用担当者から直接話を聞けることが大きな特徴といえるでしょう。

また20代〜30代前半の求職者が多いことが特徴です。スタートアップへの転職を希望する方は、登録必須の転職サイトとなります。

 

登録はこちら

 

 

私の経験

 

私が1社目から2社目に転職をした際には、リクナビNEXTを利用しました(当時は、Indeed・dodaは存在しませんでした)。

 

はじめて転職サイトに登録して、こんなにも求人が多く、自分にフィットする求人があるのだと驚いた記憶があります。

 

求人との出会いは、本当にめぐり合いです。できるだけ多くの求人に出会える転職サイトに登録しましょう。

 

 

 

© 2021 転職ブログ