採用

【完全ガイド】TikTokリクルーティング

物事の変化は非常に早いものです。 伝統的なソーシャルメディアが当たり前になったと思ったら、新しいソーシャルメディアが出現して状況を変えるようになりました。

TikTokは、ダンスビデオ、ファッションハック、DIY、いたずらなど、笑わせるものなら何でも投稿されるプラットフォームとして始まりました。

しかし、TikTok for Businessというブランドマーケティングソリューションが登場したことで、すべてが変わりました。以前のトレンドから見ると、FacebookやInstagramに参加することをためらっていた企業は、新規顧客を獲得し、収益を生み出すことを逃していると言えます。

この記事では、TikTokを通じての採用について、そしてアプリがどのようにあなたの会社のブランド認知度を高めることができるかを探求します。

この記事を書いた人

1社目:メーカー / 営業経験(年収250万)
2社目:転職エージェント / コンサルタント(年収1,000万)
3社目:外資系スタートアップ / 人事(年収1,200万)

10年間の転職エージェント + 人事経験あり。全ての記事は、私の経験をもとに書いています。

私は転職エージェントで、10年間合計1万人以上を担当し、2,000名以上を転職成功に導いてきました。

TikTokを通じての採用活動

採用活動とは、潜在的な従業員を組織内で特定の役割に採用することを意味します。TikTokの採用活動は、実店舗の採用プロセスがソーシャルメディアに合流する場所です。人事マネージャーや採用担当者は、常に会社の発展のために新しい人材を特定し、引き付ける必要があります。

変わったことは、ターゲットオーディエンスの大部分がTikTokにいるということだけです。あなたの仕事は、最も適任者を見つけることです。

誰がTikTokを使っているのか?2021年5月現在、TikTokは世界で最もダウンロードされたアプリです。そのデモグラフィックは、ミレニアル世代とZ世代を含みます。ほとんどのTikTokユーザーは39歳以下であり、最もエネルギッシュで創造的で活発な労働力を構成しています。

TikTokの採用活動は、最も急速に成長するオンラインプラットフォームでブランド認知度を高めながら、求人広告を宣伝することを組み合わせています!このトレンドに参加することを検討する理由は明らかです。

ソーシャルリクルーティング戦略にTikTokを取り入れる利点

インターネットは世界を小さくしました。ソーシャルメディアはそれを小さなコミュニティに減らしました。今まで以上に無制限にネットワークを構築するには最適な時代になったと言えます。

TikTokにいることで、700万人以上のグローバルなオーディエンスに会社を見せることができます。あなたは、自社を宣伝するだけでなく、ビジネス目標を達成するためのプラットフォームを持っています。

  1. ブランドを構築する:TikTokは、あなたのビジネスの真面目でない側面を見せることができます。楽しく共感を呼ぶビデオを投稿することで、人間的な面を示すための素晴らしいブランド戦略になります。特に、Gen Zと呼ばれる世代の潜在的な従業員は、人間中心のブランドで働くことが好きです。また、面白さを優先することでプロフェッショナリズムを損なう必要はありません。正しい戦略を使えば、TikTokは30秒であなたの会社の文化を示すことができます。
  2. 見込みのあるオーディエンス:TikTokにはすでに見込みのあるオーディエンスがいます。あなたの課題は、彼らが共感するコンテンツを作成することです。もしバイラルになれば、数百万人のユーザーがあなたについて瞬時に知ることができます。特定の地域に検索範囲を制限する場合は、TikTok広告を設定してその地理的な領域内の候補者だけをターゲットにすることができます。
  3. 柔軟性:TikTokのビデオは、InstagramやFacebookなどの他のソーシャルメディアプラットフォームでも共有できます。これにより、デモグラフィックを増やし、より多くの潜在的な候補者にアクセスできます。
  4. 候補者を見ることができる:TikTokは、候補者が自分自身についてビデオを投稿することで、最高の第一印象を提供します。これは、履歴書だけでは顔を合わせることができなかった山のような書類を持つ従来の採用とは一歩進んだものです。TikTokの採用は、多様な背景を持つ候補者が、自分の資格やスキルを創造的に説明することで、あなたの注意を引くことができます。
  5. 若い従業員にアプローチする:あなたがターゲットにしている人たちに出会うのに最適な場所は、彼らがいる場所です。現在、若い世代にとってその場所はTikTokです。したがって、もし会社が若い才能を必要としており、それらに到達することが難しい場合、TikTokは行くべき場所です。

 

TikTok採用のデメリット

新しいトレンドに適応することには、いくつかの課題が伴う場合があります。TikTokを通じて採用する際に遭遇するかもしれないいくつかの問題について考えてみましょう。

  1. TikTokユーザーの多くは、TikTokで仕事を探していない:TikTokで仕事を探す可能性はかなり低いでしょう。あなたが従業員に転換しようとしている同じ対象層は、楽しい/エンターテインメントコンテンツを求めてTikTokにいるため、TikTokで仕事の機会について連絡を受け取ることは奇妙に感じるかもしれません。彼らは、LinkedInやその他の求人サイトのような専門サイトであなたに会いたがる傾向があります。課題は、彼らがTikTokであなたの広告を積極的に探していなくても、注意を引く方法で候補者に会うことです。
  2. 広告は年齢制限がある:若い世代を惹きつけることを目的としていますが、それが失敗する可能性もあります。結果として、すべてのポジションの広告にプラットフォームを使用できないことを意味します。上級職のように、より年配の人口層が必要な場合、TikTokはスカウトするのに最適な場所ではありません。
  3. 求人応募方法が多少差別的である:TikTok-ersのほとんどは、ビューアーでありコンテンツクリエイターではありません。最高の候補者がカメラの前で話すのに慣れていないため、誤った印象を与える場合どうなるでしょうか?あなたが最高の才能を見逃してしまう可能性があります。候補者が広告に応答する
  4. ターゲット層があなたの動画を見ない可能性がある:TikTokは、以前に視聴した、再視聴、いいね、またはコメントした動画に基づいて、表示するコンテンツを決定します。ユーザーがそのようなコンテンツを視聴した場合、TikTokはその動画を提案するかもしれません。ただし、コンテンツが非常にニッチであるため、優先度は低い場合があります。この問題を克服するには、動画のターゲティングが重要です。

 

採用戦略にTikTokを組み込む方法

TikTok採用に頼ったいくつかの企業は、それが効果的な戦略であったと述べています。たとえば、Chipotleの応募者数は2021年8月に7%増加しました。

以下は、広告が成功するための6つの戦略です。

1. キャンペーンの目標を設定する

採用戦略にTikTokを含めた理由は何ですか?より多くの応募者に到達するか、ブランド認知を高めるかですか?これらの目標の進捗状況を追跡するために、具体的なメトリック/ KPIを作成してください。

 

2. 予算を設定する

広告にお金をかける予定ですか?これは、どれだけ目立ちたいかに依存します。TikTok広告とインフルエンサーを使用することは良いアイデアです。ブランドが確立されると、広告にあまりお金をかける必要はありません。

 

3. 適切なコンテンツを作成する

TikTokの動画は簡潔で楽しいものです。業界内の何かをアドレスするような、関連性のあるコンテンツであれば、人々はあなたのブランドに気づくようになります。TikTokの動画を投稿する前に、「これを共有する価値があるか?」と自問してください。

 

4. ハッシュタグチャレンジを使う

ハッシュタグテクニックは、TikTokで最も有名なマーケティング戦略であり、バイラルになる確実な方法です。あなたはチャレンジを作成し、他の人にあなたのコンセプトをバックアップするコンテンツの作成を招待します。これらのチャレンジは常に踊るビデオや音声であり、主要なアイデアに言及します。ブランド化されたハッシュタグを使用すると、この戦術は新しい候補者に到達するのに役立ちます。たとえば、仕事での日々の活動の様子をクリエイティブに表現し、ユーザーがチャレンジに参加するようにすることができます。

 

5. TikTokインフルエンサーとコラボレーションする

TikTokは、他のソーシャルメディアプラットフォームと同様にインフルエンサーを抱えています。彼らとコラボレーションして、あなたのメッセージが彼らのオーディエンスに届くようにしましょう。このルートを選ぶ場合、会社の価値観と似たようなインフルエンサーと協力するようにしましょう。

 

6. TikTok Ad Managerを活用する

TikTok Ad Managerツールを使用して、広告を作成および管理することができます。キャンペーンの目的を選択すると、プラットフォームは潜在的なオーディエンスに広告を最適化します。広告を見た人が多ければ多いほど、コンバージョン率は高くなります。TikTokはターゲットオーディエンスをカスタマイズし、広告をデザインし、エンゲージメントの結果を提供します。

 

 

TikTokを使った採用の始め方

TikTokを使うのは、深く掘り下げるか、簡単にするかによって複雑または簡単になります。まず、採用担当者として自分自身のアカウントを使用するのではなく、企業の専用アカウントを作成してください。ライティングと編集に投資して、あなたのビデオが際立つようにしてください。全てをやりきる必要はないですが、少なくともあなたが少し努力をしたことを視聴者に示してください。

録画を開始する

企業から進めてよいとの許可を得たら、アカウントを設定し、創造的なアイデアを展開しましょう。初めての場合は緊張するかもしれませんが、後戻りはできません。録画を開始しましょう。求職者やフォロワーを引き付ける方法でコンテンツを提供してください。

 

見入るようなフックを作る

最初の数秒で視聴者の注意を引かなければ、その時点で彼らを失ってしまいます。見入るようなフックは、彼らの反応を決定します。最後まで見る、仕事に応募する、フォローを開始する、あるいはクリックして離れるのか?アクティブなフォロワーと受動的なフォロワーの両方が、あなたのコンバージョンの一部です。

 

価値を提供する

ビデオは、求職者に応募するよう動機づけていますか?あなたがコンテンツで伝えた価値観がそれを決定します。

 

TikTok採用は定着するのでしょうか?

アレクシス・オハニアン(Reddit創業者)の言葉によれば、「ソーシャルメディアの風景は非常に速いペースで変化するため、それに追いつくためには柔軟である必要があります」とのことです。確かに、TikTokは強力なソーシャルメディアプレゼンスを持っています。

将来の従業員を探すのに最適な場所でしょうか?採用よりもブランド認知度向上により頼ることが望ましいかもしれません。ただし、デモグラフィックについては覚えておいてください。若い才能を獲得することが目的であれば、観客を獲得できる可能性があります。

TikTokは、マーケットプレイスとしての可能性にも気付いており、#TikTokResumeなどの取り組みを導入しています。アプリは、従業員と潜在的な候補者を繋ごうとしています。適切な戦略と予算を持っている場合は、試してみる価値があるでしょう。

 

© 2023 転職ブログ