入社

【転職入社日】準備&気をつけること5選

 

この記事で解決できるお悩み

  • 転職初日に不安がある方
  • 転職初日に気をつけること・準備を知りたい方

 

こんな悩みを解決できる記事を書きました。

 

この記事を書いた人

1社目:メーカー / 営業経験(年収250万)
2社目:転職エージェント / コンサルタント(年収1,000万)
3社目:外資系スタートアップ / 人事(年収1,200万)

10年間の転職エージェント + 人事経験あり。全ての記事は、私の経験をもとに書いています。

私は転職エージェントで、10年間合計1万人以上を担当し、2,000名以上を転職成功に導いてきました。

 

転職当日に準備&気をつけること5選

転職初日は、誰しも緊張するものです。前日に「緊張してよく寝れなかった」ということもあるかもしれません。

 

人は自分が描いている想像よりも悪い方向にはいきませんので、安心してください。新しい仲間たちはあなたを暖かく受け入れてくれるはずです。

 

入社当日に準備しておくこと・気をつけること・心得をしっかり覚えておき臨みましょう。

 

① 出社時間
② あいさつ
③ 服装・身だしなみ
④ 持参物
⑤ 出勤経路

 

 

 

① 出社時間

就業規則・内定通知書には所定の労働時間が記載してあります。ただ部署により、出社時間が異なることがあるため、事前に人事・転職エージェントに確認しましょう。

 

 

② あいさつ

入社当日にフロアーでの挨拶、もしくは業務終了後に歓迎会があるかもしれません。その場合に備えて自己紹介内容を考えておきましょう。あなたの今までの経歴、出身、趣味、週末何をしているなど交えて話すと親近感を持ってもらえるでしょう。

 

 

③ 服装・身だしなみ

第一印象は非常に重要です。服装・身だしなみなど、清潔感を与えることが大切になります。初日は多くの人があなたを注目しているため、より注意しましょう。

 

私服での出社の場合には、会社によって暗黙のルールがあるため初日に周囲の様子をみたうえで、翌日から判断しましょう。

 

>> ビジネスマナーとしての身だしなみ! 社会人なら抑えたいポイント

 

 

④ 持参物

入社にあたり依頼されている提出書類を必ず持参しましょう。年金手帳・雇用保険被保険者証・源泉徴収票などが考えられられるでしょう。

 

また当日は研修などが行われることもあるため、メモ・筆記用具を持参しましょう。

 

実は気になることとして、ランチはどうしているのか?というものがあります。事前に確認することに抵抗がある場合もあるため、念の為コンビニおにぎりなど購入していきましょう。ただ同僚から誘われた場合には、関係性を深めるためにも一緒に行く方がよいかもしれません。

 

 

 

⑤ 出勤経路

出勤経路を調べ、できれば事前に混雑状態をみておくと不安がないでしょう。私は新しい会社に転職する場合には、入社数日前に入社日と同じ出社時間に実際にオフィスビルに行ってみていました。

 

そうすることにより、当日安心して向かうことができます。

 

 

多くの場合には、パソコンの設定やメール設定などで1日目が終了してしまうことが多いでしょう。入社企業のホームページや組織図を事前にしっかりみておくことにより、業務のキャッチアップがスムーズに行われるでしょう。

 

 

© 2021 転職ブログ